ドイツ移住まるわかり事典

ドイツ親子留学、親子移住、教育移住を希望される方も増えてきましたので、順を追って、ドイツ移住の流れについて書いてみたいと思います。

一番最初は、住民登録が大事!

ドイツ移住する場合は、ドイツには、パスポートだけで滞在できる観光ビザで入国します。そして、日本に居る間に決めておいた、家に入居します。

How to apply?

Citizens of Japan, Australia, Canada, Israel, New Zealand, South Korea, Switzerland, the United States of America as well as EU citizens may apply for their residence permit for work purposes after entering Germany without a visa. Citizens of other countries are required to apply and obtain a visa for work purposes prior to entry (an option also open to Japan citizens) at the German Embassy or the German Consulate.

You have to submit your application in person. Upon submission of all required documents the application will be forwarded to the Aliens’ Authority (Ausländeramt) responsible for your intended place of residence in Germany. Applications take about 1-3 months to be processed.

出典:ドイツ連邦共和国大使館、総領事館ホームページ(Employment in Germany)

そして、一番最初にすることは、市役所で住民登録をすることです。

携帯電話を契約するにも、学校の手続きも、外国人局でビザを申請するにも、なんでも、ドイツでは、住民登録しているかどうか?が大事なのです。

住民登録をすると、証明書がもらえますので、こちらは、いつでもパスポートと一緒に、持ち歩くようにしておきましょう。

ドイツの家の探し方

検索すると、日本人用にいろいろな不動産業者もありますが、基本的には、こちらのサイトを、ドイツではみなさん使っています。

Immobilienscout24.de

こちらに住みたい、地域と中心地からの距離、部屋数、平米数などを入力します。

銀行開設と保険の申込み

住民登録が終わったら、住民登録証明書をもって、銀行開設ができます。ドイツ銀行、コメルツ銀行などがあります。

ドイツの銀行は、キャッシュカードにデビットカードがついていますので、このカードで買い物などができます。

しかし、VISAや MASTERなどのクレジットカードはホテル以外はほとんど使えませんので、注意してください。

ドイツ滞在に際しては、保険も申し込まなければいけません。数年前から、旅行保険でも、滞在許可証申請において、有効になりました。

ドイツの病院、薬局はどうなっているの?

ドイツでは、日本のように、風邪ぐらいでは病院に行きません。まずは、アポテーケと呼ばれる、薬局に行き、クスリをもらいます。日本の病院横に併設されている薬局のようなものです。

ドイツでは、このアポテーケと呼ばれる薬局が情報拠点となっていますので、病院を紹介してくれます。このアポテーケでは、ホメオパシー、ハーブティー、フラワーエッセンスも購入できます。ビタミン系サプリメント、エプソムソルトなども注文できます。

オーガニック系のサプリメント、アロマオイル、ハーブティーは、BIOショップでも購入できます。

また、街中には、日本のドラッグストアのような、大衆的な薬局もあります。代表的なのが、dm、ロスマンです。こちらは、どこにでもあるので便利ですが、サプリメントなどを購入するなら、きちんとした薬局の方がよいと言われています。

学校手続きと健康診断

銀行開設や保険申込みが終わりましたら、学校手続きになります。学校に入学するために、簡単な健康診断があります。その健康診断証明をもって、学校の入学手続きをします。

健康診断は、簡単な問診、尿検査、血圧測定などでした。

学校入学証明書も外国人局で滞在許可を申請する際に必要になります。

外国人局で、滞在許可証を取得

学校からの入学証明書ももらい、すべての書類を揃えてから、外国人局で滞在許可証を取得します。

外国人局に必要な提出書類

Prerequisites

  • Economic interest of the state of Berlin
    A residence permit can be issued to a foreigner for practicing a self-employed occupation if there is an economic interest or a regional need.
  • Main residence in Berlin
  • A personal interview is required
    The interview should, if possible, take place by appointment.

Documents required

  • Valid passport
  • 1 current biometric photo
    35mm x 45mm, frontal shot with neutral facial expression and closed mouth, looking straight into the camera, light background
  • the form “Antrag auf Erteilung eines Aufenthaltstitels” (Application for Issuance of a Residence Permit)
    Only required for first-time application
  • Company profile
    Not required for freelancers
  • Businessplan
    Not required for freelancers
  • Business concept
    Not required for freelancers
  • Capital requirement plan
    Not required for freelancers
  • Financing plan
  • Revenue forecast
  • Curriculum vitae
    Details of professional career, qualification certificates, diploma, references/sponsors
  • Professional permit
    If a permit is required for the freelance occupation, e.g. a license to practice law
  • Health insurance
    Proof of a secure livelihood must also include sufficient health insurance. Those with statutory health insurance are sufficiently insured. Those with private health insurance must consider the type and extent of their health insurance. For more information, please read the leaflet “Information for students on adequate health insurance”.
  • Lease or proof of home ownership
  • Adequate pension plan
    Only if you are above the age of 45:

出典:Service Berlin.de

*注意*

上記の必要書類を見ましたが、実際には、もっと多くの書類が必要です。私が実際に申請したときも、もっと細かく要求されました。

理由としては、親子での移住ということで、子供関連の書類が多くなることです。家族関係の証明やハーグ条約関連の書類が必要になります。

また、外国人局の担当者にすべてが任されていますので、一律ではなく、担当者によって、微妙に対応が違ってきますので、注意が必要です。

滞在許可を取得すれば、まずは一安心です。数年、滞在してもよいという証明になるからです。

滞在許可証に記載してある要件は、厳守しなければいけません。

その後は、外国人局で発行された、語学学校に行くための社会融合講座の書類をもって、語学学校に申し込みします。

また、その後、子供手当を申請するようになります。

インターネットや携帯電話事情はどうなっているの?

家を借りる際に、家具付きを選択すると、たいてい、光熱費やインターネット込みの家賃代になりますので、インターネットは含まれています。

携帯、スマートフォンについては、プリペイドカードで月15ユーロで使用できます。運がよければ、2年間の契約で、月10ユーロのものもあります。このような契約に際しても、住民登録証とパスポートが必要になります。

ベルリンの家電店は、サターン、メディアマルクトなどがあります。PCを購入するのは、サイバーポートが専門的でお奨めです。

滞在にあたっては、一番最初にコピー機(スキャナーあり)が必要になると思います。書類作成に必要ですね。

運転免許証は、どのように申請するの?

ドイツの運転免許証を取得するには、日本の運転免許証のドイツ語認証翻訳が必要です。

ドイツでの運転・運転免許証の切り替えに関するインフォメーション

  1. 非居住者(旅行者等)ドイツに非居住(住民登録をしていない)の日本人については、

    1. 有効な日本の国際免許証で運転できます。
    2. 有効な日本の運転免許証に在外公館等発行の翻訳証明を携帯し運転できます。
  2. 居住者

    1. ドイツに居住してから6か月間は、有効な日本の運転免許証に在外公館等発行の翻訳証明を携帯し運転できます。
    2. 日本の運転免許証は、その運転免許証が有効期限内で、ドイツでの住民登録後に更新されていない場合に、ドイツの運転免許証に書き換えできます。ドイツに住民登録後、一時帰国の際に更新、または再交付を受けた日本の免許証については、原則としてドイツの運転免許証に書き換えできません。ただし、この場合も、運転免許経歴証明書等でドイツでの住民登録前に日本で運転免許証を取得していたことが証明できれば、切り替えが認められることがあります。
  3. 書き換え後の日本の運転免許証について日本の運転免許証をドイツの運転免許証に書き換える際に、原則として、日本の運転免許証はドイツの運転免許センターに一定期間保管され、その後、当大使館宛てに郵送されることになっています。しかし、現状では必ずしもドイツ当局から全ての免許証が当館に送られてきているわけではありません。当館に送付された免許証に関しては当館管轄地域にお住まいの方には当館から、当館管轄地域以外にお住まいの方には居住地管轄の各在外公館に転送後、在留届で住所・連絡先が確認できる方に返却しています。

 出典:在ドイツ日本大使館ホームページ

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。
オーストラリアに3年間の親子留学ののちに
ドイツベルリンに教育移住。
ドイツや英語圏への親子留学のサポート
をしております。また、お母さんの在り方としての
母親学についても発信中。