ドイツ親子留学が4年目に突入。まる3年間のドイツ生活を振り返って。3年間で子供は飛躍する!

我が家は、2015年の1月1日にドイツベルリンに来ました、

12月31日23時50分オーストラリアメルボルン発の飛行機で、離陸時に眼下にカウントダウンの花火を見ながら、アブダブ経由で、ベルリンに来たのです!

その日から、ドイツベルリン生活がまる3年経ちました。

3年経ったので、ベルリナーといっちゃっても、いいかな?まだ、早いかしら??

ドイツ生活3年間で、子供は飛躍する! お母さんも順調に行きますよ!

現在は、2017年12月31日 あと少しで、2018年。ベルリンは、カウントダウンの花火や爆竹がどんどん上がっています。

振り返れば3年前、ドイツベルリンに来ました。

その当時は、これから、ドイツのビサ(滞在許可証)を取って行くし、まだ、ビジネスもこれからだし、息子もまだ、ドイツ語もわからず、これからだし・・というすべてがゼロの状態。

しかし、不思議と、不安・・はありませんでした。

ただ、順番に進めて行くだけだ・・これだけです。

まずは、ビザを取得さえすれば、いいわけで、息子は、まず、学校に毎日行けば、なんとかなるわけで・・という楽観的な考えしかありませんでした。

日本と比べても、オーストラリアに比べても、よいことだらけだったからです。

日本については、もう、比べるのも野暮ですが、

オーストラリアと比べてみても、ドイツの水道水は、フッ素がありませんし、オーガニック製品も多いですし、遺伝子組み換え製品も少ないですし・・

食や環境については、望んだ通りで、世界中と比べても、ましな方です。

それに、息子の学校の学費がかからないのが、なんといっても、当時、非常に嬉しかったのです!

なぜなら、オーストラリアから来ましたので、英語圏の学費や生活費の高さから逃れた感じだったからです。

子供が毎日、飛躍していく姿、伸びていく姿が、非常に嬉しかったですね。

ドイツ語を毎日勉強していくのは、大変かもしれませんが、わからない言語を1つずつ、進めて覚えていくのです。

息子の場合は、オーストラリアで、英語がゼロの状態から3年間進めて、その時に、3年経てば、ものになっていくことを、自分の経験で知っていましたので、

ドイツ語の場合も、英語と同じように進めて行けばいいのだと考えていたようでした。

ちょうど3年経て、同じように成長、飛躍してきています。

息子に言わせれば、やはり、ドイツ語の方が英語より大変で、時間はかかるそうですが・・。

これから、ドイツ親子留学で、ウェブ起業を立ち上げていくお母さんたちも、不安に思っている方も多いと思いますが、

私も、ドイツに来た当初は、ウェブ起業もしていませんでしたし、

ビザを取得してから、ブログなども立ち上げましたが、最初の9か月は、失敗してしまい、そこから、方向転換して、回り道をしました。

ですので、きちんとウェブ起業を立ち上げ、ブログも立ち上げ、サービスを作り始めてから、2年3か月を経て来た状態です。

3年経てば、たとえ最初は、失敗してうまくいかないとしても、必ず、うまくいくようになります。

あきらめることなく、歩みを止めることなく、もし止まってしまったとしても、今からまた、はじめればいいことなのです。

やはり、なぜ、続けていかなければいけないか・・という動機が大事ですね。

ドイツのビザ更新をしていかなければいけないので、これをどうにかこうにか、通過してクリアしていくために、必死になると思うのです。

そして、必ず、道はひらいていきます。ドイツに長期滞在したいと思えば、そして、前々から確実に準備していけば、道はひらいていきます。

ウェブ起業をして、収入を得ていくというモチベーションを維持する方法

もちろん、ドイツに長期滞在する場合は、ビザ更新がありますので、これだけでも、モチベーションがあると思いますが、

実は、もっと深い、信念、理念のようなものがあると、ブログなども継続して書いていくことができますし、ブログの内容も、本質的な、核心をついた内容を書くことができますので、

Google検索にも強い内容を書くことができると思うのです。

それは、なぜ、そのビジネス、ウェブ起業をしているのか?という動機です。

何に、自然と突き動かされていくのか?という点です。

それが、単に、収入が必要だから・・・だと少し弱いと思うのです。

お金だけのためにやるのなら、もし、お金が入るようになれば、やる気が失せてしまうわけです。

ですので、お金のためだけにやっているのであれば、そのビジネスはうまくいかないと思うのです。

お金をもらわないとしても、やっていきたい、人の役に立つというものであるならば、そのビジネスは成功していく、うまくいくと思うのです。

たとえば、私などは、孟母三遷を信念として、発信しています。

孟母三遷は、今の時代、日本の子供たちに必要だと考えています。

一人でも多くの日本の子供が、少しでもいいから、夏休みを利用してのたった3か月だけでもいいので、海外生活をしてもらいたいと心から願っています。

その目的は、英語や語学ではありません。身体のデトックス、解毒のためです。

子供は、たった3か月で、身体の中のいらない毒物などが、解毒していくと言われているからです。(3週間でもいいと言われていた方がいたかな・・)

日本は、食べ物にしても、空気にしても、安全とは言い難いのかもしれません・・。

身体から、少しでも解毒していくことで、将来的に良い方向に向かうことができるからです。

こんな思いがあるので、いつも突き動かされています。

息子にしていることと、同じことを日本の子供たちにもしてほしい・・願うことはそれだけなのです。

ビザ更新のために、ウェブ起業での収入が必要でしたが、本来の願いはこのようなことがあったのかもしれません・・。

たとえ、収入がなかったとしても、ブログで発信して、わかる方にわかってもらえたなら、嬉しいことであり、喜びであると思っていましたので、続けることができたのです。

こんな感じで、世の中が良くなっていく、人のためになることにつながっていく、何か信念のようなものを発信していくことで、

それは、本質的なものであるので、人の心の琴線に訴えかけて、ビジネスの発展につながっていくと思うのです。

あとは、ウェブ起業における技術面とブログは資産であるということを踏まえて、続けて行けば良いかと思います。

願いを叶えるためにすることとは・・

新年になり、神社、仏閣などに、願望成就の祈願をされるかと思います。

日本人は、わりと宗教をいやがりますが、なぜか、お正月は、祈願するものです。

感謝をこめて、祈願するのは、いいのですが、やはり、大切なのは、毎日徳を積むこと。

ノートに願いを書いたり、感謝の言葉を発するのも大切ですが、

本当に願いを叶えるためには、毎日の行い、そして、徳を積み上げていくことなしに、願いは、叶わないと思うのです。

毎日、ていねいに、ゆっくりと、心を込めて、静謐に、瞑想的に道を求めるような生活をしながら、

世の中が少しでもよくなるようなことをしていく、毎日積み上げていくことが大事かなと思っています。

大それたことはできないものなので、身の回りの小さなことからしてみると、毎日の生活の質もよくなり、それなりに楽しくなるものです。

2018年は、願望を成就するだけでなく、さらに上の行動の道、善のために、善を為すという、見返りを求めない道へも進んでいけたらと思っています。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。