『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

ドイツ

ドイツ親子移住2年、息子がスカイプでドイツ語しゃべりまくる

ドイツ親子移住2年、息子がスカイプで友達とドイツ語しゃべりまくる

金曜日の夜です。

隣の部屋では、息子が友達とスカイプでドイツ語をしゃべりまくっております。大笑いしております。

友達の名前は、セバスチャン。よくドイツ人にある名前です。

私がブログなどを書いている間に、息子は、毎日学校に行って、ドイツ語が急成長しているのです。

ドイツに来て、2年目。1年目は、ドイツ語の習得期間でしたが、2年目は、通常のクラスにも入り、友達ができて、ドイツ語もぐんぐん伸びる時期です。

若いことはいいですね。私も中学、高校時代に海外の学校に通学したかったですね。

中学、高校時代は、語学も伸びる時期です。この時期に、英語でもドイツ語でもなんでも習得する時期なのです。

私自身の学校時代、今の息子の様子から総合して考えてみると、

海外の学校で10歳前後から学ばせるのは、これから必須です!

このように思います。

1年目の語学習得、2年目の友達の影響で急成長、3年目にみんなと同じレベルに到達

オーストラリア時代も英語の習得の3年を見てきました。

ドイツでもオーストラリア時代と同じ経過をたどっています。

1年目・・・語学を集中的に習得する

2年目・・・友達ができ、語学が急成長する

3年め・・・地元の生徒を同じレベルに到達する

このような経過をたどっています。

注意することは、たとえ、1年目、2年目の途中で、難しい、できないと思っても、続けることです。そして、気にしないこと。

1年目、2年目でできないのはあたりまえです。それを意識せずに、淡々と続けていくことです。

慣れることによって、できるようになります。お母さんも意識せずに、毎日一緒に楽しむことです。

できなくても、いずれ出来るようになると思って、楽天家になりましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

添田衣織 そえだいおり

2021年となり、親子留学も11年目になりました。親子留学とは、我が家にとって必須な旅であった・・新しい家族の創造をして、新しい価値観へと変換していくためにも大切なきっかけであった・・親子留学のためにも、お母さんのウェブ起業を応援しています。親子留学、ほっこり母親学、ウェブ起業へと、さらにウェブメディアへと広げてまいりましょう!

-ドイツ

Copyright© 親子留学のすすめと子供の教育のコツ  , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.