ドイツ・ベルリン親子留学で、入学可能な私立インターナショナルスクール

ドイツ・ベルリン親子留学で、通学可能な私立インターナショナルスクールは、

になります。他にもいろいろありますが、こちらが提示されております。

ドイツ親子留学で、インターに通学して、帰国子女を目指すコース

ドイツ親子留学で、インターナショナルスクールに3年くらい通学して、

帰国子女を目指して行くコースも良いかと思います。

この場合は、ドイツ滞在で、英語での授業になります。授業の中には、ドイツ語も、もちろんあります。3年くらいして、日本に帰国子女として、帰国します。

きっと、この場合は、いずれ、子供さんは、日本の大学などを卒業してから、自力で、ドイツの大学に再チャレンジするという可能性もあり、子供のためにも、視野を広める点で良いと思うのです。

インターだったら、他の英語圏や東南アジアの方がいいのではないでしょうか・・・という意見の方もいらっしゃいますが、

やはり、欧州がいい、欧州で暮らしてみたい、将来的に、子供がドイツに進むきっかけを与えたい・・などと思われる方には、最適だと思います。

多言語で脳を鍛える!

これからの時代は、英語だけでなく、英語圏だけを知るだけでなく、

もっといろいろな言語にチャレンジをして、いろいろな世界を見て行くことが

大切になっていきます。

もちろん、中国語が好きならば、ぜひ、台湾親子留学などもいいそうですよ。

ですので、欧州にご興味があれば、ぜひ、ドイツをきっかけにしてみてください。

英語とドイツ語を同時にマスターしていくためにも、ドイツ親子留学は、

よいきっかけになります。

ドイツのベルリンには、世界一と言われている、ベルリンフィルハーモニーもあります。

また、フンボルト大学、ベルリン自由大学、ベルリン工科大学、ベルリン芸術大学が

ひかえています。

なんといっても、ドイツの首都ですし、いずれは、シリコンバレーを凌ぐといわれていて、

IT産業の中心地になっていきます。

アメリカのハーバード大学卒業の方たちが、続々とベルリンで大学院生活をしているとか・・。

ドイツ親子留学からはじめて、英語とドイツ語の多言語を学んで、

ギムナジウムでは、さらにフランス語かスペイン語などが必須ですので。

小学校から進む方は、ラテン語、ギリシャ語の選択肢もあります。

ぜひ、多言語で脳をきたえてくださいね。

多言語を学んだ人ほど、楽観的な脳になるとも言われています。

たぶん、細かいことこだわってはいられないからでしょうね・・。

これからの時代は、多言語を身につける時代です。

ぜひ、ドイツ親子留学からはじめてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。