留学と移住について考えてみよう!

留学とは、勉強していずれ、日本に帰国すること

普通は、海外に行くとなると、観光の次には、留学を思い浮かべます。留学といっても、1週間のプチ留学から、長期の留学まで様々です。

留学というのは、普通3か月以内、90日以内なら、観光ビザの範囲で、語学学校に通学することになり、短期留学と呼ばれます。

長期留学の場合は、学生ビザを取得しての留学になります。しかし、学校を卒業したら、日本に帰国することになるのが、一般的です。

最近は、移住という言葉も出てきました。

留学でも海外に移り住むわけですから、広い意味で移住なのですが、普通は、移住というと、その国の就労ビザを取得して、移り住むことを意味します。

留学産業が盛んである、オーストラリア、NZ,カナダ!

オーストラリア、NZ,カナダなどは、留学産業が、国の収益でもあります。英語を学びたい外国人に高い授業料を支払ってもらい、国の収益になります。

英語圏に留学する場合の学校の授業料には、その国の税金が含まれていると思ってよいでしょう。

ですので、滞在許可を申請する場合でも、学校の証明書が最初に必要なのです。学校の授業料を支払うということが、英語圏の国、オーストラリア、NZ,カナダの収入になるからです。

オーストラリアの移民局でガーディアンビザ申請と子供の学生ビザ申請をする際にも、ますは、ビザ申請料金をひとり550豪ドルくらい、一番最初に徴収されます。これを支払わないと、ビザの手続きもしませんよ~くらいの勢いです。

オーストラリアは、お金を徴収するのは、ものすごくスピーディーです。それからは、どうでもいいかのように、テンポの遅~い手続きをします。

ドイツは留学は盛んでない!

欧州、ドイツなどは、学費は無料であることが前提ですので、また、外国人でも学生は授業料無料があたりまえですので、

学校が大切ではなく、ビザを申請する際には、住民登録が一番重要になるのです。

住所を最初に決めて、場所を登録することで、税金を徴収する準備になるのです。

仕事をしてお給料をもらった人からは、税金を徴収するけれど、学生からは、税金は取らない、外国人でさえ、学生は保護していくという姿勢が見られます。

これは、ドイツでは子供手当が、もし学生であるならば、25歳まで支給されることにも表れています。

学生は、大切にされるのです。学生からも税金取ろうとする、英語圏の考え方とは、大違いです。

また、英語圏は、留学して卒業しても、ビザで申請した留学期間までに、帰国しなければいけないのです。サッサと荷物をまとめて、帰りなさい!といわんばかりです。

英語圏の大学を卒業しても、その国で働くことができる保証はなにもないというところが、厳しいところです。

オーストラリアなどは、大学卒業後に2年間の職業体験の滞在許可が下りるという制度もありますので、さらに改良してほしいですね。

ドイツ移住ですべての留学問題が解決する!ドイツ親子移住で子供の可能性を広げよう。

2016.06.10

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。