孟母三遷の現代版は、教育移住、親子留学です

孟母三遷で、子供が育つ環境が非常に重要なことを再認識する!

孟子は(すう。現在の山東省鄒城市)の人で、その母が孟子を育てた時の話が有名である。

最初は墓地の近くに住んでいたが、やがて孟子が葬式の真似事を始めたので母は家を移した。移った所は市場の近くで、やがて孟子が商人の真似事を始めたので母は再び家を移した。次に移った所は学問所の近くで、やがて孟子が学問を志すようになったので母はやっと安心したという。

この話は孟母三遷として知られ、史実ではないとされているが、子供の育成に対する環境の影響に関して良く引き合いに出され、鄒城市には孟母三遷祠が建てられている。

孟子の母は、他にも孟母断機故事で知られている。孟子が学業を途中で辞めて家に帰って来たとき、母はちょうど機を織っていたが、その織物を刀で切断し「お前が学問を途中で辞めるのは私が織物を断ち切るのと同じことだ」と言って諫めた。孟子は再び勉学に励んだ。

出典:ウィキペディア 孟子

子供の育つ環境が重要なことがわかりますね・・子供は、毎日の生活環境に左右されるのですね・・

我が家の息子も、小さい頃は、毎日買い物についていきましたので、買い物のレシートが大好きで、集めていましたし・・

クロネコヤマトの宅急便がよく家に来ていましたので、幼稚園の時に行った、キッザニアでは、喜んで、クロネコヤマトの宅配のお仕事をしていました。

パイロットのお仕事は興味ないのかな?と思いましたが、考えてみれば、当時はまだ、飛行機に乗ったこともなく、子供にしてみれば、パイロット?なわけですよね。クロネコヤマトの方が、身近かで、親しみがもてるわけですよね・・

環境が子供の興味を作る、子供の毎日の環境は、大事ですね。目に見えない、こころまでにも影響があるに違いありません。

現代版、孟母三遷である親子留学、教育移住をしよう!

現代版の孟母三遷といえば、親子留学、教育移住といっても過言ではありません。

もう、今の時代、日本だけの教育で、大学まで行くのであれば、それはそれは、狭いモノの考え方、見方しかできないかもしれません。

ご主人が海外駐在で、海外に行くことができる方は、ラッキーですが、ほとんどの方は、海外駐在は縁がない・・のではないでしょうか・・

ですので、お母さんが自ら意識していないと、親子留学や教育移住はできないわけです。

ドイツ親子留学なら、最短4か月で準備できます!

英語圏の親子留学は、できるなら、望ましいですが、資金によって、できない場合もありますね。

それに比べて、ドイツ親子留学は、敷居も低く、準備期間は、最短で4か月くらいでも可能になっています。

今から準備すれば、来年の5月には、ドイツに親子留学ができるのです。

ドイツ親子留学も2年限定なら、ビザ更新のための収入も気にしなくてよいので、気軽に親子留学できますね。

現代版、孟母三遷のドイツ親子留学をチャレンジしてみてはどうでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。