『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学

親子留学と子供の好き嫌いの関係!

子供は、第一に、アメリカが好きの意味は?

子供は、まず、アメリカが好きだと、日本では言います。ほとんど全員の子供が言います。そして、大人もまず、アメリカと言います。なぜでしょうか?

我が家も一番最初に、アメリカのシアトルでホームステイをしました。そして、母校にお土産を持って行ったところ、ものすごい、人気でした。

母校の子たちは、 ”アメリカに行ったの?" と集まり、大人気!!お母さまたちにも、アメリカに行かれたんですか?と、いろいろ聞かれました。

その次のオーストラリアでは、トーンが少し下がり、ドイツでは、さらにトーンが下がっていきました。とても興味深い現象でした。

日本は、これほどまでに、アメリカ大好きと、影響されているとは・・また、印象操作で、アメリカのイメージがよいのです!日本は、敗戦国なのに、忘れてしまっているのですね。ギブミーチョコレート状態が今でも続きているとは・・・

日本は、周りのもの、見るものすべてが、アメリカだからです!

日本では、映画、コーヒー、遊園地、音楽、ファッション、食べ物、スイーツなどなど、確かに、アメリカ製があふれています。そして、アメリカのものは、いいと思ってしまっています。まるで、韓国、フィリピンと同じ状態です。

世界を見渡すと、アメリカ信仰は、韓国、フィリピン、日本くらいで、他の国では、そうでもないです。

シンガポールやオーストラリア、ニュージーランドは、イギリスの影響が大きいですし、欧州は、アメリカの影響は、少ないです。インドや中東にいたっては、若者でさえ、アメリカの音楽や映画は、鑑賞しない人も多いです。

親子留学の国選びは、親が方向性を示すこと

ですので、日本のお子さんは、アメリカがいいと、小さい頃から影響を受けていますので、親がしっかりと、行った方が良い国を選択して、子供に説明することが大事です。

我が家の息子でさえ、アメリカの野球、ハリウッドの映画、アメリカ発の音楽と、1日中、アメリカだらけです。

子供さんの将来を考えて、親子留学にしても、国を選ぶ場合は、親がしっかりと方向性を決めて、その国のよさをしっかりと説明することが大事ですね。

親の一言で、子供は左右されるものです。

日本人のほとんど80%以上が、アメリカ志向ですので、混雑していますので、違う方向にズラしていくのは、賢い動き方でもあります。

そして、英語圏をほとんど目指しますので、ズラして、英語圏以外に目をつけることは、さらに、賢い選択になります。

渋滞している道路を走りたいと思いますか?できたら、空いている道路をスイスイ走りたいですね。

渋滞している道路とは、英語圏への留学、親子留学の道です。空いている道路とは、英語圏以外の留学、親子留学の道なのです。

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.