オーストラリア親子留学で貯金が減る恐怖!

親子留学1年目は、気にしていなかった!

我が家は、最初、アメリカのシアトルに2か月のホームステイから、海外生活が始まりましたが、ホームステイのオーナーの配慮で、滞在費もなく、また、次のドイツのゾーリンゲンでも3か月滞在費なしで過ごすことができました。(恩人である、シアトルのMr.D,Mさん、ゾーリンゲンのMr.Tに感謝を捧げます。)

オーストラリアのケアンズの最初の3か月から、滞在費もかかり、学費もかかりましたが、まだ、余裕だと思っていました。

そして、正式にオーストラリアでガーディアンビザを取得して、小学校の学費を3か月ごとに支払いしているうちは、まだ、大丈夫だと思っていました。

しかし、オーストラリアの家賃、食費だけでも月20万以上がなくなっていきます。学費を合わせると、月に30万以上が銀行から、毎月なくなっていきます。

日本での主人の生活費と家のローンも同時に銀行から引き落とされていきます。

銀行の残高に不安を感じてきたのは、親子留学1年過ぎたころです。

親子留学2年目あたりから、不安がよぎる!そして、ある作戦に出たのです!

親子留学をこのまま続けて、息子が、ハイスクール卒業まで、資金の体力が続くだろうか?と計算してみる日が続きました。ハイスクール卒業まで、あと6年のオーストラリアでの親子留学。

まずは、日本の東京の家の車を処分してもらうように、主人に頼みました。そして、23区の高い駐車場代金を辞めることからはじめました。

また、両親がオーストラリアに遊びに来たときには、サポートもしてもらいました。( 両親へ感謝を捧げます。 )

 

その次に考えたのは、東京の家をダウンサイズすることでした。ローンを支払っているマンションを小さくすることを考えました。利便性が高く、駅からすぐのマンションでしたので、運よく、売れるのではないかと考えたのです。

しかし、主人は、頑として動きませんでした。売れないと一点張りです。また、自分が気に入っているマンションですので、そして、自分の城でもあるので、売りたくはないのでしょう。このマンションで、一生過ごそうと、覚悟して購入したのですから。

ここで、私は、思い切った作戦に出ました。大事なピアノを売ることにしたのです!このピアノは、息子のために、そして私の趣味でもありましたが、日本で弾くチャンスもないし、もっていても、しょうがない。マホガニー色で、猫脚の素敵なピアノでしたが、売却することにしました。

このあたりから、主人の考え方も柔軟になってきました。ピアノを売り、電子ピアノも同時に処分しましたので、家の中は、いつでも引っ越し可能状態になったのです。ハリウッド映画に出てくる、大きなベットも処分しましたので、準備万端です。

回転がよくなるとは、このことでしょうか・・その後、運よく、マンションが売れたのです。これは、親子留学3年目に入る少し前くらいです。引っ越しのために、日本に帰国して、次のダウンサイズしたマンションも短期間で、決定することができました。

3年目に急展開!欧州に希望があることがわかる!

東京のマンションをダウンサイズしたことで、資金に余裕ができ、これで、ハイスクール卒業まで資金体力がもつと、安心したものの、

オーストラリアの大学3年間は、さらに難関だなといつも考えていました。英語圏の大学は、オーストラリアでも、1年間400万~500万です。オーストラリアの大学は、3年で卒業といっても、1000万以上の学費になってしまいます。

大学は、国際バカロレア(IB)を取得して、欧州あたりに自分で行ってもらうしかないと、いろいろ検討していたところ、オランダ移住、ルーマニア移住の情報が飛び込んできたのです!そして、いろいろと調べていくうちに、ドイツ移住も可能であることがわかったのです。

ドイツに行くならば、ハイスクール卒業後より、今のうちに、早めに行った方が、ドイツ語の習得にも役立つし、資金面でも助かり、一石二鳥です。ドイツに行かない理由はありませんでした。

息子は、ハイスクール1年目で、数学のアドバンスクラスで勢いに乗っていましたので、もう1年、オーストラリアに居たいという、希望がありましたが、ドイツの情勢を見てみると、難民もこれからますます増えてくるので、早めがいいと判断して、母親主導で、強行に決定したのです。

今から振り返ると、早めにドイツに来てよかったと、息子も言っています。

最後に、思うこと! 願いは叶う、道は開ける!

オーストラリア親子留学の3年間は、いろいろと試行錯誤の時代でしたが、あきらめなければ、道は開ける!と実体験から、確信しました。

日本の動かない主人を動かすことが、一番大変でした。どれだけメールを送って、いろいろな状況を説得したことでしょうか・・・(でも、主人も結果的に頑張って動いてくれました。仕事も同時に大変だったことでしょう。感謝を捧げます。)

私の揺るぎない信念は、息子の教育環境、生活環境をベストなものにすることで、そのために、突き動かされています。これは、絶対に譲れないものなのです。孟母三遷という言葉があてはまるでしょうか・・

子供の環境、命を守ること、これは、生涯をかけて、命をかけて、守るべき親の使命だからです。私の魂の修行でもあり、神さまから与えられた、この地上に来た意味でもあると感じています。

同じように、みなさまのお子さまのために、ドイツ親子移住の方法論や対策を息子のためと同じように、ご提供してまいります。

ドイツ移住ですべての留学問題が解決する!ドイツ親子移住で子供の可能性を広げよう。

2016.06.10

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。
オーストラリアに3年間の親子留学ののちに
ドイツベルリンに教育移住。
ドイツや英語圏への親子留学のサポート
をしております。また、お母さんの在り方としての
母親学についても発信中。