ドイツNO.1のミュンヘン大学とミュンヘン工科大学

ドイツの大学をいくつか挙げてみてください・・・と言われて、いくつか挙げることができる方は、ドイツについて、もういろいろ知っている方ですね。

日本の方は、アメリカの有名大学といえば・・イギリスの有名な大学といえば・・というのは、出てきますが、ハーバード大学、スタンフォード大学、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学・・など、マスコミにもしばしば登場しますので、あ~とわかりますね。

しかし、ドイツの有名な大学?になりますね。しかし、簡単です。都市名に大学をつければよいのです。正式名称は、長いバージョンがありますが、通称は、都市名に大学をつけたものです。

バイエルン州ミュンヘンにある、ミュンヘン大学

まず、一番有名な大学といえば、ミュンヘン大学が挙げられます。日本でいえば、東京大学か京都大学のような感じになります。アメリカでいえば、バーバード大学かスタンフォード大学というところでしょうか・・

ドイツの首都は、ベルリンですが、実質的には、都市ではミュンヘンが一番有名ですので、観光客も多く、ミュンヘンは、第1の都市でもあります。

難点は、ミュンヘンの生活費や家賃は高いということです。それでよければ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン国境とも近く、冬には、スキーも楽しめますし、ドイツの最高峰、ツークシュピッツエにも近く、楽しい学生生活が満喫できそうですね。

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンLudwig-Maximilians-Universität München)は、ドイツバイエルン州ミュンヘンにある大学。州立大学である。ドイツにおけるエクセレンス・イニシアティブExzellenzinitiative)に指定された11大学の一つで[1]ミュンヘン工科大学カールスルーエ工科大学と共に最初に選ばれた三校のうちの一つである。ミュンヘン工科大学、ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクとは様々なランキングで国内一位の座を争っている(後述)。通称、ミュンヘン大学。

出典:ウィキペディア ルードヴィヒ・マクシミリアン大学 ミュンヘン

ドイツの大学は、学部ランキングが大事

2016.08.31

 

バイエルン州、ミュンヘンにあるミュンヘン工科大学

こちらもドイツ国内で1番、2番を争っている大学です。日本でいえば、東京工業大学と一橋大学を足したような感じですね。アメリカでいえば、MITでしょうか・・・

1868年、バイエルンルートヴィヒ2世により創立され、1877年に王立ミュンヘン高等技術学校と改称、変遷を経て1970年より現行名称となる。ノーベル賞受賞者を17人輩出しており、ドイツではエリート大学として有名である。政府による研究予算を重点配分する政策(エクセレンス・イニシアティブ(Exzellenzinitiative)政策)[1]の指定大学になっており、研究予算が重点配分されている[2]。学術研究費の国庫補助は国内第3位(工科大学としては1位)。2009年のTHESによるランキングではドイツ国内トップとなっている。2010年のドイツ国内ランキング2位、タイムズによる2010年の世界ランキングは101位だった。

2002年には付属のビジネススクールを設立し、英語のみでビジネス系の学位を取得するプログラムも多数用意されている。2011年のドイツ大学教育研究所(CHE)による経営学ランキングで、学習状況、自由な学習の可能性、国際性、研究費用の4部門においてドイツ国内トップにランク付けされた[3][4]

ドイツ語圏ではテーウー ミュンヘン(TU München)、または、トゥム(TUM)と呼ばれている。

出典:ウィキペディア ミュンヘン工科大学

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。