ドイツ親子留学をすることで、語学を獲得、就職で有利、生活費にとっても賢い選択!

本日は、3日前にドイツベルリン入りをされた、クライアントさんとお会いいたしました。

クライアントさんは、娘さまといらっしゃいましたが、海外留学の経験のある息子さんもいらして、よく留学のことをご存知で経験があります。

留学経験のある息子さんは、これからは、英語だけではダメだ・・・ということで、妹さんをドイツで親子留学させた方がいいと勧められたのです!

本当にそうなのです!英語は使えて当たり前の時代です。英語のほかにどんな語学ができるか・・・と問われる時代に突入しております。

ドイツ親子留学で、長期留学をして、将来の道を整えていこう!

日本から、大学時代に英語圏に留学して、英語圏の大学を卒業しても、就職は、ほとんどの人が日本になり、日本帰国になってしまいます。

日本で就職せざるを得ない グローバル就活に挑むエリート生がぶつかる壁

大学時代からでは、出だしが遅いのです。もう、小学校時代から留学に臨まなくては・・。

語学のことを考えても、大学では、遅いですよね・・。

小学校時代に帰国子女で、海外の大学に行った方が、わずか・・海外で就職ができる・・・そういうことなのです。

ですので、14、15歳くらいまでに海外に出ていない場合は、海外の就職は無理だと思って良いと思います。日本で仕事をするしかありません。フリーランスとか・・・そういう感じであれば、できるのだと思いますが・・・。

もう、計画的に小学校時代から、英語圏留学、ドイツ親子留学をして、語学を取得して、学位を習得していく道を選択してほしいと思います。

ということは、日本で受験勉強をしている時間はもったいないのです。

日本で受験勉強をするなら、その時間を語学の習得にあてるために、海外に出ることです。この方が将来的に役立ちます。

日本の受験勉強の内容に将来の大学での勉強、就職などに役立つものは、ほとんどありません。

中学、高校時代の日本での勉強は、ほとんど無意味だと、経験で感じていますので、この時代に海外に留学をお勧めいたします。

中高私立と塾通いで3000万!? 教育費貧乏に転落する親たち

東大合格者17人が海外大に進学した理由

日本の中高生の生活とドイツ親子留学での中高生の比較

日本とドイツベルリンの中高生の比較をしてみたいと思います。これは、私の中高時代と息子の中高時代の比較となりますが・・・。

  日本の中高生の生活 ドイツベルリンの中高生の生活
受験勉強 有。高校、大学受験 なし
 クラブ活動  有  ほとんどなし
 塾通い  有  なし
 中間、期末テストなど  有  学校の授業時間に行う
修学旅行など 学校行事として 遊び感覚
たばこ、飲酒など 禁止
先生の洋服など スーツ多い ジーンズ多い、カジュアル
生徒は大学を目標にしているか? 目標にしている 目標にしていない
生徒の服装 制服、校則などあり ピアスなども自由
成績の評価など 期末などの試験の結果重視 授業中の評価が半分以上を占める
睡眠時間 6、7時間 8−10時間

 

以上は、生活のことを1つ1つ項目としてあげてみましたが、項目の内容がどうこうではなく、それぞれの項目が毎日、ティーンエイジャーに与える影響・・・そんなところが重要だと思うのです。

簡単に言ってみると、日本の中高生は、やらされている・・・・という感じがあり、ドイツベルリンの中高生は、自ら選択できる余地がある・・ともいえるのかもしれません・・。

そして、このような感覚が大学、就職へとつながっていくのだと思います。歯車のようにくるくると、周っていかなければいけない・・・永遠に・・・という感覚が日本にはあるような気がします。

このようなことから、今ある殻を打ち破っていかなければ・・・。安定を求めるならば、殻を破っていくことはできないのですが・・・。

ドイツの10年生は、実際に職業体験などがあり、自分で働く場所を探して、応募して2週間くらいのインターシップをするのですが、

こういうところでも、自分で職業体験ができるところを探すところからはじまります。誰も与えてはくれません。自分で発信していかないかぎりは、働く場所もないのです。

学校で言われたままに、そこにいく・・・ということではないことがわかります。

もちろん、自分がやりたいことがなければ、働く場所さえ探すことができないのです。

長期のドイツ親子留学で、生活も楽になってくる!

ドイツ親子留学は、最初の2年などは、非常に大変ですが、長期になればなるほど、生活も非常に楽になってきます。

なんでもなれですので、慣れてくるから・・・という理由もありますが、同時に子供手当てやドイツの学費無料が功を奏してくるからです。

また、日本にいるときのように、なんでもかんでもやらなければ、あれもこれも欲しい・・などの感覚がなくなってきますので、楽になってくるのかもしれません。

経済至上主義に振り回されて来た感覚から離れて、競争社会の雰囲気から離れて・・・自分なりの道を歩んでいくという感覚、そんなあたりまえの感覚がよみがえってきます。

東京だからなのかもしれませんが、私はいままで、本当にいろいろなことに振り回されて来たような気がします。

権威主義、見栄、外見、金銭欲、物欲、食欲も??などなど、本当に振り回されて来て、あ・・・もう疲れるな。。。という感じでしたが、

ドイツベルリンでの生活をしていると、そんなものが、吹っ飛んでいく感じがあります。しかし、なぜか、日本人の方と話していると、またまた、そんな雰囲気が漂う方もいらっしゃいますが・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。