英語はできてあたりまえの時代。英語の他にもう1つの言語を習得する時代がはじまっています。

英語はできて、使えて、あたりまえの時代が到来。英語の次にどの言語を選択するかが大切です!

もう、今の時代は、英語がどんなにできても、その人の特技、特徴にはなりません!

これは、日本を一歩飛び出してみるとわかります。

英語は、できないと、使えないと、生活ができないからです。

コミュニケーションの基本中の基本といったところでしょうか・・

英語を学ぶために勉強する・・という時代も終わりつつあります。

もう、今の時代は、英語を使って、勉強する・・ですね。

そして、これからは、英語を話すのは、当たり前ですので、そして、英語圏は人が溢れている状態です。

特に、チャイニーズ系の方が英語圏に溢れています。人口がものすごいですからね。

もう、カナダのバンクーバーは、ホンクーバーといい、香港の方であふれていますし、カナダのトロントもチャイニーズであふれているそうです。

オーストラリアのメルボルンも、中国人だらけです。マレーシア、ベトナムの方も多いです。

ドイツベルリンに来る前に、メルボルンで10日間滞在してから、来たのですが、メルボルンの中心街は、チャイニーズしかいませんでした・・オーストラリア人はどこにいるの?

息子と一緒に、ここ、どこだっけ?香港?シンガポール?といっていました。私たちも、外見は、チャイニーズに交じっていましたけれどね・・

メルボルンで日本人が留学して勉強しても、ここで日本人のチャンスはないんじゃないかと・・直感で思いましたね。その他、英語圏はすべて同じだと思います。

積極的で、アグレッシブなチャイニーズすべてとられますね・・たぶん・・

その点、ドイツには、チャイニーズ系はあまり来ないです。英語の方が重視されていて、ドイツ語まで目が向いていないからです。でも、これからはわかりませんね・・

英語の次の言語は、中国語もいいけれど、中国人の人口は多いので、ドイツ語の方がいい!

一般的には、これからは、中国語を学んだ方がいいと言われています。確かに、中国を中心にこれからは、世界がまわっていくでしょう。

しかし、中国人の人口が多すぎるために、中国語ができる方は多く、また、特徴にならないのです。

チャイニーズ系はあふれていますので、中国語ができる人もたくさんいます。

それだったら、やはり、次は、ドイツ語がいいわけです。フランス語より、欧州の経済を考えると、ビジネス的にもドイツ語がいいですね。

日本からは遠いので、ちょっと想像できないかもしれませんが、欧州は狭いので、ドイツ語圏が一番広いのです。ドイツ、オーストリア、スイス・・です。

ちょっと視点を変えてみる大切さ。気づくことの大切さ。

教育雑誌、テレビ、新聞などの一般的な情報に流されていると、ちょっとした気づきが得られないかもしれません。

ちょっと静かに、マスメディアを離れて、子供のこれからをよく考えてみてください。

今、ブームになっていることを、どうしてなんだろう?と注視してみてください。

本当に必要でしょうか?大切なことは、本当は何でしょうか?

そんな視点で物事をとらえていくと、気づきがあると思います。

静かに生活をしてみて、あっ!と思ったこと、頭に浮かんだことが、大切です。

これからの時代はどうなっていくのだろうか?と、マスメディアを離れて、少し静かに考えてみるといいかもしれませんね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。