欧州の中心、ドイツで子供を育てるというドイツ親子留学のこと。

子供時代に、子供の心に何か、きっかけを与えたい・・

将来的に大きく花開くように・・

そんなときに、何を心をこめて、子供に贈りますか?

ドイツ親子留学が将来、大きく花開くきっかけになる・・これも1つだと思うのです・・・。

 

ありのまま 善き人となれ 我が息子

大いなるもの いつも見守る・・by Iolley

欧州の中心、ドイツで子供を育てる、ドイツ親子留学のこと。

日本は、極東の地。

海に囲まれて、海外に行くには、どこも遠いんですね・・。

飛行機に乗らないと、海外にはいけないという・・。(船でハバロフスクとか、釜山には行けるけど)

また、オーストラリアで3年間くらい過ごしてみたけれど、オーストラリア国内を移動するのも、飛行機に乗らないと行けないんですね・・。どの都市に行くのにも、遠い・・。

それに比べて、欧州は、どこも近いのです。

バスで、スウェーデンまでも行くことができるし、エストニアまでも行くことができます。

もちろん、南方面のフランス、スペインまでも・・。

スペインも南から船にのれば、すぐにモロッコ、アフリカ大陸。

飛行機にのれば、アメリカ東海岸、南米までも。

このようなヨーロッパで、子供さんを育ててみたいと思いませんか?

英語だけでなく、欧州言語を学ばせたいと思いませんか?

ドイツは、欧州の真ん中。その中で、ベルリンは、東西冷戦の名残もあり、東の影響、ロシア、ポーランド、東欧の雰囲気も感じることができます。

また、移民、難民の影響でトルコ、中近東あたりの雰囲気を感じ取ることもできます。

このような場所で、子供を育てること・・・

子供は何か大切なこと、きっかけをつかむチャンスが多いわけです。

子供なりに、西洋人はこんな人たちなんだな・・・中東系の人たちは、こんな感じなんだ・・アフリカの人たちは、こんな感じ・・・など

学校で出会う友達を通して、雰囲気を感じとっていきます。

それは、教科書で習う、本に書いてあることを読むだけより、より肌感覚でつかんでいきます。

しかし、自分は、日本人なんだ・・

お母さんと日本語で話すことの重要性も理解していきます。

日本人でよかった、日本語がすばらしい・・そんなこともわかってきます。

お母さんが伝えていく、日本語の素晴らしさ

海外で過ごしていて、学校では、子供さんは、日本語を必要としないかもしれませんが、

日本語が素晴らしいということは、お母さんがぜひ、伝えていってほしいことです。

日本語の何が外国語と比べて、素晴らしいかというと・・

日本語の和語、ひらがな、漢字など、すべてが、心につながっているという情緒的な点です。

それに比べて、外国語は、記号のようなものです。

美しい日本語は、身体までも調整していく・・・。

私は、和歌のような七五調なども大好きです。癒しのような感覚があります。

ホツマツタエ などもいいですよね・・。

ツイッターも140文字ということで、日本語が一番多く表現できるとか・・。

世界でも、ブログなど日本語の発信が一番多いかも・・ということも聞いたことがあります。

私自身も、日本語が素晴らしい、日本語の語調に心を癒すメロディーがあるからこそ、日本語を書くのが好きなのかもしれません・・・。

だから、ブログを書くことを続けることができるのかもしれません・・。

流れるような日本語を書いている時、その瞬間が非常に楽しいのです・・・。

アメリカの影響かもしれませんが、論理的に書く、ロジスティックに書く、事実と意見を分けるとも言われますが、

それは、英語的発想、英語圏の発想、西洋人の発想のようなもので、そんなことにこだわっていては、つまらない・・。

日本語、日本人は、もっと情緒的で、行間を表現できる・・。

ロジスティックもいいですが、ビジネスどまり・・・ですね。

人生を謳歌するなら、ロジスティツクではなく、情緒的な文章を楽しむこと・・。

日本語は、情緒的であり、音楽のような表現もできる。

そして、より美しい文章を書いて、より高みをめざしていきたい・・

そんな衝動にかられます。

親子留学で、そんなことも実現できるのかと思います。

日本人が海外で親子留学をする意義が、また一つ増えたような気がします。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。