オランダ移住ではなく、ドイツ移住を選んだ3つの理由

我が家は、オーストラリア親子留学時代に、最初は、オランダ移住を検討していました。そして、ドイツにもチャンスがあることを知り、結局は、ドイツ親子移住を選びました。なぜ、オランダ移住ではなく、ドイツ移住を選択したのか?3つの理由を挙げていきたいと思います。

1.オランダより、ドイツの方が規模が大きい

オランダは、考え方も進んでいて、世界ランキングが上位の大学もたくさんあります。イギリスからの影響を受けていて、英語圏に近いという方も多いでしょう。

しかし、国がとても小さく、マーケットの規模が小さいです。ドイツのように、北から南まで様々な都市があり、州ごとに管轄されているわけではありません。

ドイツは、首都であり、芸術も盛んなベルリン、金融の中心のフランクフルト、観光の中心であるミュンヘン、クリスマスマーケツトで有名なニュルンベルグ、日本人街があるデユッセルドルフ、大学の街ハイデルベルグ、東の遺産があるドレスデン、ライプツイッヒなど、見どころがたくさんあり、将来的な可能性があります。

子供が大学を卒業して、働くことを考えたとき、ドイツ語を駆使できるチャンスが多いのです。なぜなら、ドイツは、ヨーロッパの中心だからです。

また、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーでもドイツ語を学ぶ人が多いし、ドイツ語使用可能です。やはり、ドイツのマーケットは規模が大きく、将来的に有望です。

2.森があり、湖が多く、アルプスありで自然豊か

ドイツには、森がたくさんあります。シュバルツバルド(黒い森)も有名ですが、その他にもたくさんの森があります。

湖も多く、ドイツ人は、夏には、湖で泳ぎます。公園も多く、犬を大切し、のんびりしています。

また、冬には、アルプス地方でスキーも楽しめます。オーストリアやスイスも近く、スキー場には困りません。フランスもすぐお隣です。

ライン川沿いには、たくさんのお城があり、有名なローレライもあります。

お休みには、電車やバスでいろいろな都市を周るのが楽しみなところが、また、ドイツのいいところです。

3.ドイツの大学は無料である

オランダの大学は無料ではありませんが、ドイツの大学は無料になります。ゆっくりと大学生活を満喫してほしいので、大学、大学院の博士課程まで無料であることは重要です。ですので、ドイツ移住を選びました。

また、ドイツには、ドイツの大学に行く方法がたくさんあります。ギムナジウム(大学入学希望者が行くハイスクール)でなくても、他のハイスクールからも、13年まで通学して大学に行く事もできます。また、働いてから、夜間のギムナジウムに通学して大学に入学することもできます。

職業制度もしっかりしていて、経験を大事にするので、その道のプロフェッショナルになる道が作られています。失業保険制度もしっかりしていて、社会民主主義ですので、安心です。

まとめ

オランダもアムステルダム、ハーグ、ロツテルダム、ユトレヒトなど魅力的な街がたくさんあります。オランダもドイツと同じく、サッカーも盛んな国です。

ドイツから小旅行でオランダに行くのは、楽しみですね。

オランダ移住ではなく、ドイツ移住を選んだ理由は、以下の3つでした

  • オランダよりドイツの方が規模が大きい
  • 森、湖、アルプスありで自然豊か
  • ドイツの大学は無料

 

ドイツ移住とオランダ移住を比較してみる

2016.07.23

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。