『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ オーストラリア

ドイツ、豪州親子留学を教育の視点から考えてみる!

親子留学をお奨めする理由

オーストラリア親子留学でも、ドイツ親子移住でも、小学校中学年、高学年でおすすめしている理由は、

  • 英語は、10歳前後の時期にはじめるのが、効果的
  • 子供の小学生時代の親子留学の体験はかけがえのないもの

ほかにも、いろいろな理由のあるのですが、教育的には、この2つになります。

日本の教育は、忙しすぎる

特に、日本の教育では、中学に入学すると、勉強、部活動、塾と本当に忙しくなると聞いています。親とゆっくり話をする時間がないとも、聞いています。

そのような忙しい中学時代の前に、親と子供で過ごす海外での時間は、本当にかけがえのない親と子供の時間になりそうですね。

海外経験で、自分軸をもつ

なぜ、日本の教育は、子供にゆったりと考える時間を与えないのか?が疑問ですが、そのような、雰囲気にのまれないためにも、

10歳ころに、海外でしっかりと親子留学をして、帰国して、日本でも人に惑わされずに、自分の道を歩いて行くという、精神的にも自分軸がある子供になってほしいものです。

また、同時に、お母さんも海外の環境で、他人にまどわされない習慣を身につけて、帰国後は、日本の間違った環境に気が付いて、少しでも子供によい教育をあたえることができるように、気づいてほしいですね。

やはり、海外の雰囲気を知らずに、日本でずっと過ごしてしまうと、日本のやり方が正しいのだ、これが、常識で、守らなければいけないと、頑なに思ってしまう傾向があります。

世界には、いろいろな考え方があり、それぞれの考え方は、尊重されるという雰囲気を味わってほしいと思います。

毎日の生活は、自分の考え方、あり方次第ですので、海外の経験で、少しでも自由な発想で考えることができるようになるのは、貴重な財産です。

日本の教育の変なところ

世界の学校、海外の学校から見てみると、日本の教育はおかしいところ、変なところ、いらないことがたくさんあるのです。

  • 幼稚園、小学校のお受験はおかしい
  • 中学受験、高校受験もいらない
  • 通常の学校の他に塾はいらない(補習はOKだが)
  • 部活動の強制はいらない
  • 中学からの中間、期末テストもいらない(教科時間の試験でOK)
  • テストが多すぎる

[kanren postid="143"]

 

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ, オーストラリア

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.