ドイツ移住した日本人がトップの成績を取る時代が来る!?

ドイツ移住した日本人が好成績を取る時代も近いかもしれない!?

ドイツ移住して、子供が英語もドイツ語も両方できるでしょうか?という質問も多くいただきます。

これは、子供さんが、一所懸命、楽しんで努力していけば、大丈夫だと思います。

よく、現地のドイツ人だって、難しいのだから・・ということも言われますが、

例えば、マレーシアの高校卒業試験で、マレーシアNO.1の成績を修めて、医学部に入学したのは、日本人の女の子で、10歳くらいから、マレーシアに在住していた子です。もちろん、両親とも日本人です。(数年前だったかな・・)

ですので、両親が日本人で、6歳くらいからドイツ移住して、ドイツの学校で勉強して、ドイツのアビトウア(高校卒業試験)で、ドイツNO.1の成績を取る子も将来的にいるかもしれませんね・・

日本人は、基本的に勤勉で賢いので、可能性はかなりあると思います。

我が家の息子が、4~5年後にドイツのトップの成績を取ることも、可能性的には、ゼロではないのです・・英語と数学は、すでに、トップですが・・全体的には、少しキツイかな・・(トップというのは、成績の評価が1という意味です。)

ドイツの成績評価は、5~6段階評価で、1が一番良い評価になります。

 

難しいとか、できないとか、言わない方がいいということ!

それは、難しいです! それは、できません!

こんなことをよく言うのは、日本人が多いです。ドイツ人でもオーストラリア人でも、外国人はあまり言いません。可能性があるかもしれないからです。

もし、難しいです、それはできません・・と言われたら、心の中にブロックができてしまいますよね・・

難しいです! できません!  とかいう方の深層心理とは、自分より上に出てほしくないからです。自分より、下にいてほしい・・だから、できないとか、難しいです・・とか言うのです。

その方のことを本当に考えるのならば、まずは、できるように、試してみましょう。こうもして、ああもしてみましょう・・それから答えを出しましょう・・ですね。

もしかして、可能性があるかもしれないのに、勝手に可能性をゼロにしてしまっては、もったいないですよ。

不可能を可能にしてみよう!発想の転換が大切

今まで、できません!難しいです!と言われても、可能にしてきたことがたくさんあります。

まずは、ドイツ親子留学は、できません・・と2011年に言われましたし・・親子留学は、月20万以内ではできません・・と言われましたし・・

大学時代は、ドイツ語と英語の2つの教職免許は取れませんといわれましたが、取りましたし・・

国立大学附属幼稚園は、抽選があり、難しいですと言われましたが、合格しましたし・・

一般的に難しいと言われている事でも、実現できることはたくさんあるのです。

難しいと言われている事でも、自分には、コレが必要だ、可能にしてみせる・・必ずできるように、順序立てて、やってみる・・

こんな真摯な思いや願いは、自分に本当に必要ならば、必ずや、実現するのだと、経験で感じています。

もし、できなくても、何かの代替案が、ひょこっと、出現したりもします。

こんなとき、人生を清く、真摯に進んでいると神さまからの計らいがあるのだと、何か偉大なものへの畏敬の念を感じずにはいられません。

ですので、もし本当に希望するのならば、いろいろなことが実現しますので、チャレンジしてみてくださいね。

目の前にあることを、1つ1つクリアしていけばいいのです。他人がどんなことを言っていても、気にする必要はありません。

自分の本当の純粋な思いは、必ず、実現します。他人がごちゃごちゃいうのは、邪魔をしたいからですので。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。