ドイツ教育移住のために毎日ブログを書く方法

ドイツ教育移住のためにブログを書こう!

ぼ~っとしている暇があったら、毎日、ブログをせっせと書こう!

そうです。親子留学やドイツ移住を目指すなら、ブログを毎日書くべし!です。

毎日、できたら3記事は書きたいと思い、どうしたら、毎日確実に3記事を書くことができるか・・・考えてみました。

ブログを書くためには、毎日の日常生活で、いろいろとアンテナを張り巡らして、いつも考えていなければいけません。

まずは、ネタ帳を用意して、そこに、どんどん思いついたアイデアを書いていこうと思いました。

ブログを書くことは、スポーツと同じ、そしてカタルシス!

大事なことは、PCの前にドカ~ンと座っていても、アイデアは出てこないのです。眠たくなるだけです。

アイデアは、歩いているときや、立っているときに出るのです・・と、どこかで聞いたことがありませんか?

また、さっさと書くために、リズムや速度が必要です。スポーツのようなものです。

私は、時々、Go!Go!と言いながら、書いています。時には、椅子に座っているけれど、踊りながら書いています。

出だしから、最後まで、流れる川のように、ダダダ~と書ききりたいですね。自分の思いや考えが、滝のように、溢れ出てくれるといいのですが・・

やはり、書くことは、自分の内面を表現することです。書くことは、自分の内面のカタルシスでもあると・・言った方がいたような・・

カタルシスギリシャ語κάθαρσις katharsis, 英語catharsis)は、哲学および心理学において精神の「浄化」を意味する。アリストテレスが著書『詩学』中の悲劇論に、「悲劇が観客の心に怖れ(ポボス)と憐れみ(エレオス)の感情を呼び起こすことで精神を浄化する効果」として書き著して以降使われるようになったが、アリストテレス自身は演劇学用語として使った[1]

出典: ウィキペディア カタルシス

ブログを書くための最適な音楽はあるか?

日本でも、11月からSpotify Japanが開始されると思いますが、ドイツでは、現在、無料の音楽配信、Sportify を聞きながら、ブログを書いています。オーストラリア時代から愛用しています。

ドイツでもほとんどの若者、多くの方が使用しています。流行音楽から、クラシックまで、聞き放題です。自分のお気に入りの音楽をMy song に入れることができます。

さて、ブログを書くことを加速させてくれる、そして、気分を高揚させてくれる音楽はどれでしょうか?

やはり、自分の好きな音楽で、ノリノリに書くのは、楽しいですね。

私は、心の琴線に触れる音楽であれば、ポップスでもパンクロックでもクラシックでもワールドミュージックでもなんでもアリです。

クラシックでは、ロシアのラフマニノフなどの甘美なメロディーに心をゆさぶられ、ショパンのエチュードもお気に入りで、聖歌隊出身なので、フォーレのレクイエムなどの天使系の音楽も好きなのに、パンクロックのような、アメリカやイギリスの若者が好きな音楽も大好きです。

音楽は、ハートで聴くもの、そして、身体に沁み渡らせるものですからね・・

やはり、心からの叫びなら、ある方の心に刺さるのでは?

ブログを書くことを充実させて、本当に心から書くことを楽しむためには、自分の心や内面を真摯に表現する・・・偽りなく・・

そんな心の叫びが、ある方のためになり、心に刺さるのではないかと思います。

そこには、清い、そして真摯な愛情があるからです。

自分の生き方を表現せよ! 自分の魂さえも表現せよ!

その人がどんな思いで生きているかを知るとき、深い感動をするものです。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。