『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ 食生活

ドイツ親子留学希望の方必見!BIOのヤギのミルク

ドイツには、BIOのお店がたくさんある!

ドイツでは、BIO(オーガニック)のお店がたくさんあります。

基本的に、ドイツ人は節約志向ですので、激安スーパーで買い物をする人が

多いのですが、健康志向や社会構造を真剣に考え、意識が高い人も多く、少しの違いなら、食事の量を減らしてでも、BIO(オーガニック)の製品を選択する人も多いのです。

例えば、ドイツのスーパーマーケットを見てみると、

BIOスーパー : BASIC,BIO COMPANYなど

中堅スーパー:Kaiser,REWE,EDEKAなど

激安スーパー:ALDI,LIDL,NETTOなど

上記のような3つに分けられます。我が家もこの3つをうまく使い分けています。

ベジタリアンが多いベルリン

ドイツ全体でも最近はベジタリアンの方も増えてきていますが、特にベルリンはベジタリアン傾向が強いです。

ベジタリアンといっても、肉、乳製品、卵などすべてを食べない厳格なベジタリアンから、卵や乳製品はOKというベジタリアンもいます。

ドイツのベジタリアンは、卵や乳製品は食べるというベジタリアンです。ドイツの朝食は必ず、ゆで卵がありますし、チーズやヨーグルト、ケフィアなどの乳製品も非常に人気だからです。

BIOのスーパーには、ヤギやひつじのミルクが売られている!

BIOのスーパーには、牛乳だけでなく、羊のミルク、ヤギのミルクも売られています。羊のミルクから作った、チーズ、ヨーグルト、ヤギのミルクから作ったチーズ、ヨーグルトもあります。

ギリシャの代表的なチーズであるフェタチーズもあります。(フェタチーズは羊やヤギのミルクから作られます。)

中でも、ヤギのミルクが人気であることに、気が付きました。

商品がよくはけています。ということで、我が家でも息子がヤギのミルクを

毎日飲むことに挑戦しています。

我が家では、小学校中学年のころから、牛乳は飲まないように習慣付けていましたが、ヤギのミルクはよいのではないかとBIOスーパーを眺めていて直感で感じました。

調べてみると、ヤギのミルクは究極のミルクと呼ばれ、母乳にも似ていて、消化吸収もよく、アレルギーを起こしにくいと書いてありました。

中東の遊牧民は、ヤギを一匹連れて、遊牧していたと言われています。

途中でヤギのミルクを飲みながら、渡り歩くからです。

発酵させれば、ヨーグルトやチーズもつくれるからですね。

ヤギを一匹連れていくだけで、食料には困らないわけです。

遊牧民の知恵ですね。

日本の北海道でもヤギのミルクを生産しているところがあるかと思います。

チャンスがありましたら、試してみるのもいいかもしれませんね。

[kanren postid="508"]

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ, 食生活

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.