ドイツ親子留学でのウェブ起業。継続するためには。丁寧さと大雑把。

2018年になりました。新年になり、色々と考えます。

昨日は、カルマ・ヨーガ(行動の道)の教育プログラムなどを見て、新年から学んだり・・。

願望を達成しても、幸せにはなれない。その先の、見返りを求めない、カルマ・ヨーガ、行動の道があるのだと・・。

ドイツ親子留学を長期でしていくための、ウェブ起業。継続していくためにはどうすればよいでしょうか?

ウェブ起業のブログを継続して書いていくためには?

ウェブ起業のブログでも、なんでもそうですが、続ける・・というのが、本当に大変。

ほとんどの人が、三日坊主みたいなもの。

だから、なんでもいいから、続けている人が勝ち・・なんていうこともあるくらい。

私が新卒で入社した会社に、まだ、勤務している同期の女性がいると聞いて、これもびっくりで、いままで、30年続けて勤務していることに驚愕したのです。

それくらい、続けていくというのは、大変なこと。

ただ、続ければいいのだけれど、人間というものは、飽き性である。あきてしまう。

そして、いやになってしまう。もっと、いいものがあるのでは・・と新しいものに期待してしまう。

新しくないと、ワクワクしないから、つまらない、結局、やらなくなる・・・。こういう悪循環なわけです。

私は、50代をすぎて、だんだんわかって来たのだけれど、ワクワクする・・というのも、曲者なんですよね・・。最初だけで・・。

今の風潮もいけないのかもしれません。キラキラとか、素敵!とか、なんか、こう、外面的に見かけだけでも、素敵! ピカッ!としていないと、興味がわかないという、雰囲気というか・・・。

静謐に、じっくりと、粛々と・・という雰囲気は、ワクワクしないからですね・・。

ワクワクや、夢・・・などは、幻想、マーヤですよ・・。つまり、うそのようなもの。

本当は、自分は何をすべきなのか?と内側に向かってこそ、真の自分を活かすことができる。

それは、外面的には、キラキラみえないけれど、じっくりと、わかる人にはわかってもらえるものなのです。

SNS的雰囲気もだめですよね・・。いいね・・をもらって、嬉しくなるようでは・・

うちの息子の16歳レベルです。(息子には、なんどもいっているのです。人間の脆弱性を利用しただけだからと・・)

そのような中で、ブログを継続して書いていくのは、まるで、修行僧のようなもので・・と思われている方も多いのかなと思います。

私もずっとブログを書いていますが、少しだけ、秘訣を書いてみると、

丁寧さと大雑把さの両方が大事!

そんなことを思うのです。

丁寧に書いたりもしますし、ときには、ざっと、大雑把に、雑に書くこともあります。

色々な方が読むので、どちらがいいとも言えないし、雑に、大雑把な方が好まれる場合もあるし、

グーグル検索がどう評価してくるかも、その後になってみないとわからないし・・。

ですので、簡単にいうと、どんどん書いた方がいいし、その中で、丁寧な記事があってもいいし、大雑把な記事があってもいい・・。

書いていかなければ始まらないし・・。

そして、決して意識しない方がいいのは、論理的に書かなければいけない・・とか、誰かに見られて、クレームをつけられたらどうしよう・・なこのような考え方があると、自分の意見をアウトプットすることが、自然とストップしてしまいます。

人の悪口や批判、人が嫌だ、不快と思う以外のことは、自分の意見なので、自由に書くことができるわけです。(注意するワードなどはあるけれど)

自分の意見をアウトプットすることも、習慣、毎日のくせ・・・かなとも思います。

だから、ドイツの学校では、小さいころから、自分の意見を言わせるのかな・・ドイツ人は大人になっても、自己主張をしますからね・・。小さいころからのくせ・・ですね。

ドイツ親子留学のウェブ起業は、お母さんにとって、人生の転換期である!

ドイツ親子留学をすることで、子供さんは、海外の学校に行くという大事な側面がある一方で、お母さんの方も、ウェブ起業をしていくという、人生の大転換期なわけです。

ウェブ起業を必ずしなければいけないということではないですが、ドイツでどのように収入を得るのですか?と考えた時、

ドイツで就職を簡単にすることもできないし、自分で仕事を作る、サービスを作るしかないわけです。

自分ができることをして、できたら、自分の好きなことをして、人の役に立つしかないわけです。

誰かから請け負って、ライターや在宅ワークなどもありますが、自分で作って行くことの楽しみもいいものですよ・・。

人から雇われないで、自分で仕事を作って行くこと・・・。

最初は大変で、試行錯誤も必要で、うまくいかないことも多くて・・

しかし、軌道に乗れば、それは、自分の仕事ですし、やりがいがあるものです。

そこをどのようにして、軌道にのせていくか・・・ですね。

ですので、ウェブ起業専門家をご紹介しておりますので、基本的なことは抑えて、基本路線を粛々と歩んで・・

あとは、自分がいかに継続していくか、広げて行くか・・ですね。

願望を成就する方法で、いかにつかんでいくか・・は、自分次第なのです。

願いが叶うように願うだけでは、到達できないので、

生活を整えて、毎日のあり方を工夫して、行いを律して、徳を積んで・・1年、2年と経れば、必ず、到達していくものだと、経験から感じています。

徳を積んで行くこと・・・これが、秘訣であり、奥儀です。

子供さんも横で常に見て、感じていますので、徳を積んで行くことは、非常に意義があることだと思います。

お母さんの姿を見て、子供は成長していきますので。

すぐにできることから、今、この瞬間から、徳を積んでいきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。