すべての発想を転換すれば、ドイツ親子留学にたどりつく!

今あるすべての発想を転換すれば、ドイツ親子留学、移住にたどりつく

2011年あたりから、私が常々思っていることは、すべてのモノの見方、発想を転換しなければ、今後サバイバルできないじゃん!・・ということです。

日本もガラッっと、変化してきています。今後もどんどん変わっていきます。

普通のテレビや新聞を見ていては、真の情報に追いついていけないのです。

すべてがもやもや~で、過ぎていってしまいます。(もやもや~という言葉はわりと流行していたのですね・・知りませんでした・・)

よくわかっている方が使う表現として、今の時代は、パラレルワールドだ、映画マトリックスの様だ・・とも表現しています。

今私たちが普通に見ている世界と、もうひとつ違う世界が存在しているからですね。

ですので、そんなことも踏まえて、いろいろと発想も転換していかなければいけないのです。

みんなと同じように行動していては、正しい方向へ進んで行くことも出来ないですし、今では、自分で調べて、行動していくことを本当に要求されていますね。

ドイツ親子留学をご希望される方は、自ら調べて、たどりついて、決断されている方ばかりです。

その他大勢で、軍団で動いている方たちではないのです。みんながしているからではないのです。

最初は英語圏を考えていたけれど、よく考えてみたら、ドイツ語でも同じだし・・という発想転換をして、たどりついておられます。

そもそも、英語圏でなければ・・とか、やはり英語が・・という発想自体が、固定観念にしばられていているのです。

また、英語圏が・・英語が・・という、ブレインウオッシュ(洗脳)でもあるのです。

他には、家族は一緒に住まなければ、家族ではないとか・・

日本の学校で受験しなければいけないとか・・

家を購入してローンを支払わなければ老後が大変だとか・・

いろいろな固定観念に縛られています。

このような固定観念をいかに、取り払うことができるか?が重要ですね。

私の両親もそうですが、70代、80代の方は、非常にこのような固定観念が強いです。

子供のために親子留学したいのに、親の介護や親の面倒を見なければいけない場合は、どちらを選んだらよいのか・・・

これは、究極の選択ですね。

あるポイントにおいて、どちらが大切なのかを検討しなければいけないわけです。

そのご家庭の状況や住んでいる場所によっても違うと思います。自分が後悔しないために、どちらを選択するかも大事になってきます。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。