ドイツ親子留学でやり抜く力を親子共々身につけるチャンスです!

なんでも、やり抜く力は、最低6か月、8か月の忍耐が必要です・・・

と経験から実感しています!

ドイツ親子留学で、やり抜く力を子供もお母さんも身につけよう!

我が家の経験から見てみると、語学でもなんでも、半年以上の忍耐が必要で、半年以上経っていくと、

なんでも慣れて来て、あっ!わかってきた!という状態になり、前に進んでいけるようになるのでは・・ と感じています。

息子の場合でも、オーストラリア時代、英語をものにするためには、最初の半年は忍耐で、わりとどこにもいかずに、

必死に英語に取り組んでいたことを思い出しています。真剣に取り組んでいると、どこかへ遊びに行こうなどとは思わない

ものなのです。半年、1年、2年と、だんだんと楽になってきたようです。

ドイツの学校に来た最初も、真剣にドイツ語に取り組んでいましたので、最初はどこにもいかない感じで、

ドイツ語だけに集中していました。

息子の様子をずっと観察してきて、やはり、これはどんなことでも同じなのではないかと思ったのです。

最初の半年、1年、じっとがまんをして、忍耐強くしていると、いつの間にか・・世界が開けていきます。

私も難しいピアノ曲の前で、楽譜の前で、撃沈していたことがあり、それでも毎日少しづつ、必死に取り組んで、

だんだんとできるようになっていったこと、そんなことも同じだと思うのです。

ブログも最初、10記事、60記事、100記事、200記事とだんだんと効果を実感してきました。

現在、私は、HTML/CSSに取り組んでいますが、コードが書くことも、最初はわけがわからず、コピペをしてなんとか

切り抜けたり、なにがどうなっているのか、先が見えない状態で、ただただ、進めてまいりましたが、半年経った今、

プログラミングの全体像が見えて来まして、あ・・こういうことね・・・というのが、わかってきたのです。

やはり、なんでも、半年、8か月くらいの忍耐をしてこそ、その次の世界に飛び込んでいけるのではないでしょうか・・。

これは、どんなことでも同じだと思うのです。

ドイツ親子留学で、子供は、学校でドイツ語を学んで、忍耐を乗り越えて、1つ上の次元にいけるように・・

お母さんも、ドイツ語も自分のウェブ起業なども、忍耐を乗り越えて、1つ上のステップに進み、全体像が見渡せるように・・

こんな修行ができるのも、ドイツ親子留学の醍醐味だと思います。

人生、楽をしたいでしょうか・・・。楽に仕事をして、稼ぐことができるでしょうか・・。

いや・・楽をすることはできないと思うのです。

急ぐ必要はないけれど、そんなに大きなことを望む必要はないけれど、

それなりに、コツコツと毎日進んで行ってこそ、1つ上のステップに上がれるものなのです。

まだまだ、先は長いです。60歳、70歳、80歳、90歳になっても、

自分で稼ぐことができるように・・・子供に負担をかけないように、お母さんも進んでいきたいですね。

ドイツ親子留学はそんなことができる、きっかけとなります。自分を見つめ直し、将来を考えるきっかけとなります。

と同時に、子供の将来のことも考えるきっかけとなります。従来通りの日本の教育でいいのかと・・。

 

大事なことは、ゆっくりと進んで行く・・

早く結果を出したい・・

わっと、目立ちたい、有名になりたい・・

そんな風潮がありますが、大事なこと、良いことは、ゆっくりと進んで行くものだと思っています。

ですので、やはり忍耐が必要なのかもしれません。

語学習得でも、すぐに結果は出ないですね。すべてそうです。

長期間にわたって、なんとかやっていけるのか・・・が大事になります。

モチベーションを維持するのも大変ですが、その壁を乗り越えること・・

子供にも見せていかなければいけませんので、ぜひ、子供のためにも、なんでも継続していきましょう!

こちらから、実現できるドイツ親子留学のためのメルマガをご登録くださいね。

同時に、小冊子もプレゼントしております。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。