小学生時代にオーストラリア語学留学をおすすめする6つの理由

小学生時代、8歳、9歳、10歳、11歳くらいに、オーストラリア語学留学をすることをおすすめしたいと考えています。

小学生時代に英語をマスターしておくことは、これからの時代において、必須だからです。

また、小学生時代こそ、自然豊かでダイナミックな大地、大人も22時で就寝してしまう、健康的で健全なオーストラリアが良いと思うからです。

実際に、我が家は、現在、ドイツ親子留学で進んでいますが、小学生時代にオーストラリアで過ごしてきたことが、とても価値があるものになっております。そして、小学生時代に、オーストラリアで英語を身につけてよかったと息子も言っております。

 

 

6州とACT・NT

ウィキペディア オーストラリア

 

小学生でオーストラリア語学留学をおすすめする理由 1。 小学生、8歳から11歳が英語バイリンガルになる適齢期である

とにかく、8歳から11歳の時期にまずは、英語がバイリンガルになる基礎や土台を身につけて欲しいと思っています。

12歳からドイツ親子留学をするためにも、8歳から11歳の時期に英語を身につけることが大事です。

6歳から8歳までは、日本語脳を身につける時代ですので、日本語脳を身につけた後、8歳からが英語に入っていくチャンスとなります。

8歳までに日本語脳を基本にして、8歳から11歳まで英語を身につけて、12歳からはドイツ親子留学にて、ドイツ入りすればベストだと考えています。

8歳から11歳までが英語をマスターする適齢期ですね。なるべく、小学生の柔軟な時期に語学、まずは英語を身につけましょう。

 

小学生でオーストラリア語学留学をおすすめする理由2。これからの時代、小学校卒業までに、英語をマスターしたい

日本人のほとんどの方が、大人になるまで、英語、英語・・・とずっと言い続けて、劣等感をもって教育をされていきます。

ですので、英語は、もう小学校時代にマスターしていきたいですね。

そのためにも、8歳からオーストラリア語学留学などをして、3年間の英語のシャワーを浴び続けて、11歳までに、つまり、小学校卒業までに英語を身につけていくことが望ましいですね。

12歳、13歳からドイツ親子留学をはじめるためにも、英語圏、オーストラリアでの語学留学を小学生の間にしていきたいものです。

 

小学生でオーストラリア語学留学をおすすめする理由3。オーストラリアが自由でのびのびしているので、小学生に適している

小学生にとって、英語圏留学がどこがいいのか・・ということも悩ましいものです。

親としては、クイーンズイングリッシュの本場であるイギリスで学ばせたいと思われる方も多いかもしれません。

アメリカに近い、カナダでの英語圏語学留学を望まれる方も多いかもしれません。

東南アジア、フィリピン、マレーシア、シンガポールでの英語圏留学を望まれる方も多いかもしれません。

ニュージーランドには南の島にアルプスもあり、スキーもできるので、ニュージーランドをご希望される方も多いかもしれません。

私の考えでは、子供は、南半球のオーストラリアの大地がのびのびしていていいのではと思っております。

実際にオーストラリアのケアンズに3年くらい親子留学を経験しましたが、子供たちも自由な感じで、のびのびとしていて、

アクティビティーも多く、自然が多いので、小学生時代には最適かと思っております。

小学生時代こそ、オーストラリアでの語学留学を選択していきたいですね。

 

小学生でオーストラリア語学留学をおすすめする理由4。ガーディアンビザがあり、親子留学もできる

小学生のオーストラリア語学留学をおすすめする理由としては、オーストラリアは、ガーディアンビザがあり、親子で滞在できるので、親子留学ができる点です。

もちろん、オーストラリアのほかにも、ニュージーランド、カナダ、マレーシアなどでも、子供の学生ビザにあわせて、親のガーディアンビザ、保護者ビザなどがあります。

オーストラリアは、大地がしっかりしていて、地震が災害などが少ないこと、自然も豊富なこと、親子留学で健全な生活ができる点などでも、小学生時代に良いかと経験から思っております。

オーストラリア人は、大人でも夜22時には就寝してしまいますし、夜19時半になると、子供は寝ましょうとテレビでも歌っていますので、非常に健康的な生活を過ごすことができます。

 

小学生でオーストラリア語学留学をおすすめする理由5。オーストラリアからいずれ、ドイツ親子留学に移行できる

小学生でオーストラリア語学留学をして、3年くらい経つと、オーストラリアは非常に良い国なのですが、なんといっても、学費や生活費が高いことがひしひしと実感してきてしまいます。

そして、3年くらいで、英語をマスターしたので、ドイツ親子留学で、学費が無料であるドイツに行こうと決断するようになりますので、まずは、最初は、小学生でオーストラリア語学留学で、オーストラリアを満喫する方法が良いのかなと思っています。

オーストラリアを卒業してから、オセアニアの次はヨーロッパということで、欧州のドイツ親子留学ですね。

 

小学生でオーストラリア語学留学をおすすめする理由6。オーストラリアはオーガニック大国である、子育てによい

小学生でのオーストラリア語学留学をおすすめする理由として、小学生の間こそは、毎日睡眠時間をしっかりととって、食べ物にも気をつけて、身体を作るときですので、オーガニック大国であるオーストラリアはおすすめです。

オーストラリアは、日本より15年くらいオーガニック市場が進んでいると言われています。

実際にオーストラリアのオーガニックの健康ショップでは、ヘンプシード、ヘンプオイルなどの商品などもたくさんありましたし、

オーストラリアの地元のティーツリーの商品、ユーカリなどの商品もたくさんあります。

オーストラリアブッシュフラワーの商品などもあって、素晴らしいです。

健康ショップでは、さりげなく、ホメオパシーも売っていて、私もオーストラリアではじめて興味をもったのですが、

オーストラリアは、さりげなくやるな・・と思ってしまいました。

 

「教育移住」を子供に贈るということ。「オーストラリア親子留学」からドイツ・ベルリンへ教育移住した6つの理由。

2017.03.19

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。