『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

スポティファイで洋楽を聴こう。英語も上達する。海外の学校では、音楽は共通の趣味である。

スポティファイ(spotify) で洋楽を聴こう!英語も上達する。

ドイツ親子留学、親子移住でお子さまたちが、ドイツの学校で生活していきますが、

勉強だけでなく、世界中のみんなの共通の趣味は、音楽です。

スポティファイ(Spotify)で、音楽を聴きましょう!

必ず、歌詞(lyrics)も検索しましょう。

[kanren postid="3102"]

息子の TOP 10 MUSIC NOW! を挙げておきますね。(2016年10月から2017年3月まで)

  1. It Ain't me               ( Kygo, Selena Gmomez)
  2. Castle on the hill     ( Ed Sheeran )
  3. Paris                       ( The chainsmokers )
  4. Bad ideas               ( Alle Farben )
  5. Something just like this  ( The Chainsomokers, Coldplay )
  6. Faded                     ( Alan Walker )
  7. All we know            ( The chainsmokers, Phoebe Ryan )
  8. GreenLight             ( Lorde )
  9. All time Low           ( Jon Bellion )
  10. Starboy                  ( The weekend Daft Punk )

[kanren postid="1859"]

 

10歳くらいから自分の趣味を持とう!自分の好きな分野で、友達も広がるよ!

私は、どちらかというと、友達はわざわざ、無理して作らなくてもいいと思っています。

ひとりでいいなら、それでもいいわけで・・

日本の学校では、強制的に友達がいなければいけない・・という雰囲気があるのが、イヤですね・・

本が好きな人は、本に没頭しますので、友達と話す時間がいらないわけですし・・

今は、ゲームなんかは、ひとりでできますので、友達がいらないといえばいらない・・

よくご質問で、ドイツは、いじめがありますか?と聞かれますが、私が見ている限りでは、

ドイツ人は、人のことを別に気にしないので、いじめる・・ということまでしないです。

ひとそれぞれ、自分の好きなことをして、自分にあう友達と一緒にいるわけで、学校がそれを観察したり、先生が口を出してくることもありませんので・・

それがあたりまえなんですがね・・

日本だと、ちょっとそのあたりが・・めんどくさいというか、何か気になる部分がありますよね・・自由でないというか・・

日本では、その人のプライベートに関わりすぎ・・ということがあるのではないでしょうか・・

もっと、サックリ、あっさりしましょう!

たぶん、自分の立ち位置を確認したいために、他人のことをいろいろ知りたい・・という、自然と他人と比べる習慣ができちゃっていますよね・・

それよりも、10歳くらいから、自分の好きなことを極めて、そこから、友達も広げていってくださいね。

友達は、自然とできるもので、自分から無理して作るものではありません。海外の学校でもそうですよ。自然にしていればいいだけです。

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.