『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ドイツ人の休暇は30日以上!?

ドイツ人は休暇が大好き

ドイツ人は倹約家な方が多く、節約志向の方がほとんどですが、それは、休暇で、旅行費用をためるためだとも言われています。

有給休暇は30日!

そして、ドイツの休暇は長いです。長期旅行に行けるような休暇をとります。

たとえば、お給料の25%はいらないですので、休暇を下さいということをする方もいるようです。お給料の25%を減額するなら、有給休暇プラス1か月の休暇がもらえるのだそうです。

有給休暇は、たいてい30日くらいと言われますので、25%のお給料減額で2か月のバカンスが取れることになります。

ドイツは税金も高いので、それなら、お給料を減らして、税金の支払いを安くしようと試みる方も多いと聞きました。

では、ドイツ人はどこでどのように30日から60日の長期休暇を過ごすのでしょうか?

休暇は海で過ごす!

ドイツの学校の友達からの情報によると、スペインに旅行にいく人が多いそうです。また、イタリアの海外に行く人も多いです。

ドイツは、冬の間、日照時間が少ないので、バカンスは南で太陽を浴びに行くことが基本になっているのです。

ドイツの語学学校の先生は、コロンビアに4週間休暇で行ってしまいました。先生でも生徒の授業は2の次で、自分の有給休暇をしっかり取ります。

代わりの先生が、代行をすれば済むことだとあっさりしています。

コロンビアは、日本からだと裏側になり、とても遠い国ですが、欧州からは、近いのです。また、コロンビアは物価も安く、30日もの長期滞在をするには、もってこいのようです。同時にビーチでの日焼けも楽しめますので。

公園で寝そべるドイツ人

ドイツ人の日焼け大好きな傾向は、毎週、公園で寝そべる人たちからもわかります。

週末になると、公園では、上半身裸で寝そべる人たちで混みあっています。

日本では、公園で裸になる人はほとんどいませんね。

女性でさえ、公園で、ビキニ姿で寝転んでいるのです。太陽の下で、過ごすことが大好きなドイツ人。たいていは、音楽を聴いたり、本を読んだりしています。隣には、犬も日向ぼっこをしています。

ドイツでは、レストランで気取って食べるのは、年金生活者のご高齢な方々ですので、若い人たちは、公園にビールを持ってきて、チーズ、ハム、パンなども持ち込んで、ピクニック状態です。

何でも運ぶドイツ人

おもしろいのは、椅子や机も運んでくることです。それも、アウトドア用ではなく、家から車で運んでくる人もいます。ビールも瓶のビール1ダースのケースを1人1ケース、電車で運んでくる若者4~5人も目撃しました。

観察していると、自分の好きなように、人の目を気にしないで何でもするドイツ人です。節約志向なので、なんでも自分で運びます。

ドイツで1年半が過ぎましたが、ドイツ人の生活は人も目を気にせず、自分の世界を大切にしながら、とても自然に素朴に自由に生活しているように感じられます。ですので、生活していて、とても快適なのです。

[kanren postid="874"]

 

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年も後半となり、親子留学10年目・・この頃は、親も子供も自立が大切であると思い、特にお母さんが自立をして、ウェブ起業をして、子供に背中を見せていく、これが親子留学でも大事だと考えています。柔軟に、臨機応変に行動した人、行動は数も必要。自立していくお母さんを応援しています! 子供の教育と同時進行です!

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.