親子留学を少なくとも1年したい3つの理由

親子留学や留学ができる人は日本で5%くらいと言われます。残りの95%は実際には、できない場合が多いのです。ですので、親子留学できることは、少数派であり、子供にはいずれ、アドバンテージとなり、将来的にも有効だと言えるのです。ぜひとも、少なくとも1年は親子留学したい3つの理由を挙げてみたいと思います。

オーストラリアの私立小学校

オーストラリアの私立小学校

 

1、親子留学1年だけで、今後、将来が違ってくる

親子留学を1年、小学校中学年から高学年、もしくは、中学1年くらいでするだけで、子供の将来像がかなり違ってきます。子供の留学1年は日本で英語を勉強する3~4年分にあたります。ですので、親子留学を1年するだけで、英語の本は自由に読めるようになり、また、英語の発音もネイティブに近くなります。学校の英語のクラスでは、トップの成績をおさめるようになります。英語スピーチコンテストに出ると、優勝できるレベルになるのです。そうすると、子供も自信がつきますので、将来的な展望も違ってきます。まず、子供に自信がつくところが重要でしょう。親子留学を1年するだけで、子供にたくさんの財産を渡せることがわかります。  

2、親子留学1年の後は、英語力を維持できる方法がたくさんある

親子留学を1年するだけで、帰国後は英語力を維持できる方法がたくさんあります。現在は、オンラインでの英語の授業の講座などもたくさんありますので、英語のサイトで様々に勉強できます。有名なカーンアカデミーをはじめ、オンラインで卒業できるアメリカのハイスクール、オンラインで取得できる国際バカロレア(IB)なども、学費がほとんどかからずに、受講できます。その後、edX などのアメリカの大学の授業も参加することができます。このような方法は2012年ころから増加してきました。親子留学を1年するだけで、英語のサイトで勉強できるようになりますので、今後の学費などもおさえることができます。  

3.物の見方、考え方、世界観が変わる

親子留学を1年するだけで、物の見方、考え方、世界観がずいぶん変わってきます。10歳前後から14歳くらいまでは、感受性の強い時期であり、また、柔軟に対応できる時期です。この時期に見たこと、経験したこと、感じたことは将来に多大な影響を及ぼします。高校留学で経験できるティーンエイジャーの感覚とは、また違ったものです。また、親子で体験できる、お母さんと一緒に行ったという忘れがたい思い出もしっかりと、心の中に根付きます。この時代に経験したことが、子供にダイナミックな考え方もたらします。ぜひ、塾などに通学するより、大きな世界観を持てますので、ぜひ、親子留学こそ、この時期にしてほしいと思っています。   以上が、親子留学を少なくとも1年したい3つの理由です。参考になればうれしく思います。  

親子留学、留学のベストタイミングは3時期あります。小学校時代の親子留学で将来的に日本と海外と両方の可能性が開ける。

2016.05.24

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。