ドイツの学校のスポーツの授業では、組体操を創作・選曲もしてクリエイティブでユルイものを作り上げるよ~ん!

ドイツの学校のスポーツの授業はクリエイティブだ!

息子のギムナジウム9年生のスポーツの授業から、少し様子をお話ししてみますね。

スポーツの授業では、組体操をしているようで、2~3人で組体操を創作して、曲も自分たちで選曲して、発表するという課題があります。

組体操というと、日本では、少し軍隊方式というか、自衛隊方式な感じがしますよね。体育祭で、よく行われています。

それに、組体操というと、曲などもなしで、笛や号令で、軍隊式にイチ、ニー、サン、というイメージですよね。

まず、びっくりしたというか、かわいいな~と思ったのは、組体操に、曲をつけるところです。

生徒達は、音楽が大好きですので、曲選びも、真剣そのものです。

流行りのちょっといけてる曲を選ぶわけです。

ラップ系の曲を選んでいるグループも多いそうです。

息子のチームは、点数を高くするために、賢くクラシックな曲を選曲!

面白いな~と思ったのは、息子のチームは、高く評価されるために、音楽をラップ系ではなく、クラシック調の曲を選曲しようとしているところです。

どこかのチームがクラシックの曲で、点数が高かったことを早速入手。

クラシックな曲探しに余念がありません。

私もクラシックな曲のファンですが、短い曲で、よいものを探すのも大変なものです。

どうするのかな・・と見ていたら、どうやら、映画音楽から選んでいるようです。

そして、選んでいた曲は、2011年のイギリス映画 「One day」、邦題「ワン・デイ 23年のラブストーリー」の主題曲、” We Had Today “。

ワン・デイ 23年のラブストーリー』(ワンデイにじゅうさんねんのラブストーリー、One Day)は、ロネ・シェルフィグ監督による2011年イギリス映画である。デヴィッド・ニコルズの小説『ワン・デイ』をニコルズ自らの脚本(脚色)で映画化した作品である。

出典:ウィキペディア ワンデイ 23年のラブストーリー

ドイツの学校は、ユルイかもよ!?

この曲は素晴らしい・・それに、素敵です。大好きな曲調ですね・・

フィギアスケートやアイスダンスにも使えそうですね。

でも、えっ!?組体操・・・拍子が長すぎる感じも・・

それに、15歳男子の組体操で・・言葉が少し悪いですが、ヤロウ同志の組体操で、この曲???

15歳ヤロウのひざの上とかにのって、15歳ヤロウが手を伸ばしたりするわけですよね・・

この曲だと、拍子が長すぎて、あわなくね?

結果は良かったようで、評価も上々だったようですが・・

この曲を流して、組体操をしている息子のグループの発表を私がもし、ライブで目撃していたとしたら、

たぶん・・ですが、この曲の曲調と15歳男子のヤロウ的雰囲気のミスマッチで、爆笑してしまう・・・かも・・笑えます!

ドイツの学校、かなり、ユルイです。いい感じです。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。