『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ドイツ親子留学が気になるけれど、踏み込めない方へ。勇気をもって、飛び立とう!

ドイツ親子留学で問題となる、お金、家族、語学の壁

ドイツ親子留学を希望しているけれど、踏み込めないという方の問題は、以下の3つになります。

  1. お金、留学資金の問題
  2. 家族やご主人の問題
  3. ドイツ語でいいのか、ドイツでいいのかという問題

お金や資金の問題は、できる、できないが分かれてしまいますので、それはただ準備するしかありません。それとも、借りるかですね。

家族やご主人の問題は、自分がどう生きるか?に関わってきます。また、ご主人と離れて生活していても、いかに子供のために一致協力できるかになります。

ドイツ語でいいのか、ドイツでいいのかという問題ですが、英語圏への親子留学が長期にできるのなら、英語圏に行けばよいと思います。

できない方がほとんどですので、ドイツなら、普通のご家庭でもできるので、おすすめしているのです。

ドイツでいいのか??ですが、ドイツしかないでしょ・・というのが、私の考えです。他の国で、よく考えてみて、子供に将来的に良い国はありますでしょうか?

ある程度、国の経済が安定していて、マーケットも大きくて、治安も安定していて、子供の教育、大学卒の就職率がよいところ・・を選んでみてください。

欧州では、イギリス、ドイツ、オランダが経済的に安定していますが、イギリスはEUから離れてしまいましたし、オランダはマーケットが小さいですね・・

東南アジアは、熱帯地域が好きな方は、合っているのかもしれません・・あと、胃腸が丈夫な方なら、合っていますが・・・

(インドネシアに2年ほど在住していましたが、私は胃腸が非常に丈夫な方なのですが、けっこうやられるという・・)

そんな感じで、ドイツは世界を見渡しても、過ごしやすい地域だと思います。

実際にドイツ親子移住して、ドイツに来てよかったとみなさん実感されています

日本で、ドイツ親子留学、親子移住のことを想像されているのと、実際にドイツ移住して、生活をしてみると、思っていたより、不安もないし、来てよかった・・とみなさんおっしゃられます。

ドイツに来られて、少し落ち着いた頃に、一度お会いして、食事をしたり、カフェをしたりして、買い物の案内などをしながら、お話しさせていただいております。

よく思うことは、日本を出国するまでが、ものすごい高い壁のようなのです。

成田空港、関西空港でもいいので、飛び立ってしまえば、もう、なんでもなれ~、なんでもやってみる~という勇気が湧いてくるようです。

やはり、いかに心を強くして自分を鼓舞して、コントロールできるかが大事なようです。

どんな方でも、ほとんど違いはなく、子供に対する愛情があふれていて、海外に行きたいと思っていらっしゃいます。

あとほんの少しの勇気だけですね・・それさえあれば、飛び出すことができます。

自分が「できる」と思えば、なんでもできるものです。

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.