海外の学校における年齢と学年。 子供の教育においては、気にしないこと。

ドイツの学校の年齢と学年の早見表

ドイツでは、学年と年齢などもあまり関係ありませんが、だいたいの目安は下記になります。これより、1年遅れても、標準になります。

  • 2000年生まれ  ドイツ11年生 (日本は、高校2年生)
  • 2001年生まれ  ドイツ10年生  (日本は、高校1年生)
  • 2002年生まれ  ドイツ9年生  (日本は、中学3年生)
  • 2003年生まれ  ドイツ8年生  (日本は、中学2年生)
  • 2004年生まれ  ドイツ7年生  (日本は、中学1年生)
  • 2005年生まれ  ドイツ6年生  (日本は、小学6年生)
  • 2006年生まれ  ドイツ5年生   (日本は、小学5年生)
  • 2007年生まれ  ドイツ4年生  (日本は、小学4年生)
  • 2008年生まれ  ドイツ3年生  (日本は、小学3年生)
  • 2009年生まれ  ドイツ2年生  (日本は、小学2年生)
  • 2010年生まれ  ドイツ1年生  (日本は、小学1年生)

実際には、これより1年遅く、小学校に入学されている方も多いですので、目安にしてください。

我が家もドイツ親子移住をして、最初、ウェルカムクラス(移民クラス)でドイツ語集中授業を1年間受けましたので、この表より、1年遅れています。

子供の年齢や学年を気にされるお母さんが非常に多いが、気にしないこと!

日本では、学年や年齢を意識させるイベントなども多く、学校での健康診断もあり、身長、体重まで毎年測りますので、

自分が他の生徒と比べてどの位置にある・・というのを幼稚園時代くらいから意識しているところがあります。

オーストラリアの学校、ドイツの学校と、息子が通学してきましたが、健康診断での身長や体重を測るということもなく、クラスの生徒の生まれの西暦もよくわからず、いろいろな国籍もいますので、

日本のように、生徒たちがよくわかってしまう・・ということはありません。

オーストラリアの小学校では、親の転勤で、子供もよく転校したり、転入してきたりもありますので、いつのまにか、新しい生徒がいた・・ということも多いのです。

それに対して、さよならパーティーなども特にしませんので、また、新しく入学したからといって、歓迎会などもありません。

なんとなく、交わっている・・という感じで、そこが自然で良いと思うのです。

日本は、いつもみんなと違うことを意識させられますよね・・

息子が日本の小学校を離れるとき、私は、職員室で、先生全員の目の前で、お別れの挨拶をさせられましたから・・・

まあ、挨拶ぐらい・・別にいいんですけど・・海外の学校だと、そんなのありえな~い・・なんですけどね・・

そうそう、結論として、年齢や学年・・そんなことを海外では、気にする必要はありません。

子供の年齢が15でも、17でも・・・22でも、23でも・・なんでも若いのですから・・

何歳になっても、大学に行けばよいし、大事なことは、自分の好きな道を探して、進んで行くことですね。

どんなときでも、遅いということはありません。私ももう50過ぎていますから・・いつも自分の年齢を忘れていますが・・・

年齢ではなくて、やる気があるかどうか・・ですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。