損をしたくないといつも思っている方へ。損をしたくないと思うと、損をしてしまうというトリックについて。

損をしたくないという、損得勘定がすべての間違い。損をしたくないと思うと、結局は、うまくいかなくて、損をしてしまうことについて。

世の中全体の流れ、雰囲気として、誰もが、ほとんどの方が、

損をしたくない、得をしたい、いいことをしたい、いい思いをしたい・・

という我欲、欲にとらわれている感じがします。

ですので、少しでも損をしたような気持ちになると、クレーマーになるのです。

つまり、いつも頭の中、感情においても、損得勘定で動いていることになります。

実は、これは、何事もうまくいかない原因なのです。

損をしたくないという思いや感情は、少しでも得をしたい、つまり、あの人より上でいたい、負けたくない、復讐したい、見返してやりたい・・

という思いも含まれていることもあり、

もう、この世の中の、世相を表しているというか、こんな気持ちは、小学生の子供たちでさえも、持っているという悲しい現実。

世の中の商品の作り方、商売の方法でも、どちらの方がお得か?という損得勘定の比較サイトなども盛況なくらいですから・・

損得勘定を持っている方は、細かい重箱の隅をつついたようなことばかりに囚われているので、

本質を見ることを忘れて、実は、大事な本当の価値を見逃していて、表面上の金額などの損得などにとらわれるあまりに、

結局は、大切な本当の価値も時間も失ってしまう・・という方が多いように思えるのです。

だから、私は、よく商品のポイント制度って、キライなんですよ。

ポイント制度でお得なように見えて、損な方に引きずられる・・・

実際に例があるのです。

まだ、子供が生まれる前に、主人とロンドンに旅行したときのことです。

私は、ロンドンのテムズ川の景色のよいホテルを探して、ココがいいと決めたのですが、

主人は、カードのポイントでこちらのホテルがお得だから、こちらにした方がよいと・・そんなに場所も変わらないからと・・

主人のアイデアを受け入れましたが、結果としては、大損でした。景色もダメだし、せっかくのロンドンの大切な滞在時間を失いました。あの時は、戻ってこない・・もう、ポイント制度なんて、邪魔だ・・

身近な例ですが、まあ、こんな具合に、得をしようとすると、損をしてしまうものなのです。

(どんなホテルに泊まってもいい・・という場合はいいのですが・・)

うまくいくためには、どうすればよいか?すべてを手離すこと。そうすることで、なんでもうまくいくようになる!

なんでも、うまくいくためには、どうすればいいでしょうか?

実は、簡単なことなんです。

すべてを手離して、欲も願望もなにもかも、手離していくと、逆にうまくいくようになるのです。

損得勘定を手離して、ただ、簡単に「うまくいくだろう」と設定してしまえばよいのです。

でも、ほとんどの人が、「うまくいかなかったら、どうしよう?」といつも考えて、心配しているのです。

だから、自分が心配した通りに、うまくいかないのです。

つまり、「うまくいかなかったら・・」という心配をやめればよいのです。

よく考えてみれば、万が一のため、もしものときに・・・ということで、たくさんの商売が成り立っています。

万が一とか、もしも・・・なんて、ないですよ・・自分が設定しない限り・・

私が思うに、自分がもしも・・・なんて思わなければ、自然災害だって、どんな事故だって、災難だって・・

逃げてくれる・・避けてくれる・・とさえ、思っています。

私は、そういう変な設定をしないので、何も起こりません。

ただ、「いつもうまくいく。恙無い。」と設定しているだけです。ただそれだけなのです。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。