2020年以降は、子供を海外の学校に通学させることが必須である!

私は、2015年ごろにドイツに来たのですが、

2020年以降は、必ず、子供さんを海外の学校に通学させるように

していただきたいと・・書いてまいりました。

2020年以降は、子供を海外の学校に行かせよう!

 

ただいま、2018年の秋ですね。今から準備すれば、2020年から、子供を海外に

行かせることは可能ですし、準備期間もまだあります。

これからの時代は、子供が海外の学校を経験することなしで、この先進んでいくことは

ありえない時代になりますので、ぜひ、海外の学校に子供さんを進ませることを

考えてみてください。

海外の学校に進ませる方法として、

  1. お母さんと子供での親子留学
  2. 家族移住
  3. 子供だけの単身留学

この3つがありますが、手っ取り早くて安全なのが、お母さんと子供での親子留学になります。

家族移住は、資金の面で、なかなか厳しものがあります。 ご主人さまの実力がある方は、

ぜひ、家族移住で進まれてください。

子供だけの単身留学は、危険もありますし、子供の様子が間近に見ることができないことは、

子供の教育にとっての損失であると、私個人の考えではありますが、そう思います。

子供を海外の学校に行かせる期間もいろいろとあります。

  1. 観光ビザ90日以内のお試し留学
  2. 1年、2年の留学
  3. 3年以上の長期留学

帰国生試験、帰国子女枠などでは、3年の留学が必要、2年の留学が必要、

1年だけの留学でも可能など、学校によっても違ってきています。

我が家の経験によると、最低限、語学の習得のためには、3年は必要であると

考えています。

 

子供を海外の学校に通学させる意義とは? 語学だけではない!という観点から。

 

海外の学校に子供を通学させる意義とは・・

まずは、英語の習得のため・・という方が多いかと思いますが、

本音でいうと、もっと大きな意味、意義があります。

英語ができるようになる、海外に慣れる、どんな国の人とでも

親しくなることができるなどは、表面的な側面です。

我が家でも経験から、また、私の両親からの経験からよくわかるのです。

私の母は、戦前の帰国子女といってもいいかもしれません。

戦争がはじまりましたので、日本に帰国したのです。

私の母は、中国の広州、香港、台湾などに小学校前後に父親の仕事で滞在していました。

さて、何が違うのか?海外の学校を経験する人としない人、何が違うのか?ですね。

ズバリいうと、心に壁がない、障壁がない、枠がない、囚われが少ない・・

この点が、日本だけの教育の人と違う点です。

多くの人が、固定観念、枠、囚われ・・などで悩んでいるのです。

これがないということなのです。

私は固定観念のない母親の影響の元で育ちましたので、わりと固定観念がない方です。

しかし、日本の教育の影響も受けていますので、ある程度はあります。

この、固定観念がない精神、心の状態をもつこと、

これこそが、海外の学校に通学する大事な意義、奥義であると思っています。

子供に財産として贈りたいこと、海外の学校に通学すること、

つまり、教育移住なのですが、こんな観点を考えています。

いかがでしょうか・・。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。