ヨーロッパ親子留学は、ドイツ親子留学で決まり!ドイツを選択することがベストである。

ヨーロッパ親子留学といえば、ドイツ親子留学!

アメリカ、オーストラリア・・と行ってみて、ヨーロッパに行ってみたいと思っている方も多いです。

ヨーロッパはいいですよ。ヨーロッパ中、飛行機や電車じゃなくて、バスでもぐるぐる周れますので・・

色々な国があるところが、楽しいですね。夏休み、ちょっとしたお休みには、ギリシャにでも行ってみる?とか・・アイスランドにチョット飛んでみる?とかできるわけです。

いろいろな小さな国もありますよ。

リヒテンシュタイン公国って、ご存じですか?首都は、ファドーツで、オーストリア、スイスの間にはさまれている小さな公国です。

リヒテンシュタイン公国(リヒテンシュタインこうこく、: Fürstentum Liechtensteinアレマン方言:Förschtatum Liachtaschta)、通称リヒテンシュタインは、西ヨーロッパの中央部に位置する立憲君主制国家スイスオーストリアに囲まれている。首都はファドゥーツ。非武装中立政策をとる。1919年の合意に拠り、スイスがリヒテンシュタインの防衛を担当している。リヒテンシュタインは独自の軍事力を持たず、100名ほどの警察のみを保有している。欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国。

出典:ウィキペディア リヒテンシュタイン公国

フランスにある、モナコ公国のような感じですね・・

ヨーロッパには、たくさんの国があるけれど、それぞれの言語があるけれど、イタリア人も、スペイン人も・・・東欧の人も・・どこに留学して言語を学ぶのかと考えてみると、

ドイツに、ドイツ語を学びに来るのです。経済、仕事の需要、マーケットの大きさで、ドイツになってしまうのです。

日本の方は、ドイツ語なんて・・・なんて避ける方が多いですが、必要なんですよ・・欧州では・・

欧州では、英語も必要ですが、ドイツ語も必要なのです。ドイツ、オーストリア、スイスの3か国で使用されているのですから。

ドイツ親子留学をすれば、ドイツ語は、誰でもできる!

ヨーロッパ親子留学、ドイツ親子留学をしたいと思っても、ドイツ語が・・・という方が非常に多いです。

日本は、英語だけできればいい・・という、視野がせまいところもあり、多言語への興味を持つ方が非常に少ないです。

また、マインドの問題で、英語ができないのに、ドイツ語なんて・・という、

いつまで、英語が完璧になるのを待つのだろう・・一生が終わってしまうという・・

まず、言語が完璧にできなくてはいけない・・という固定観念を崩すことです。

どんなに英語ができる方でも、さらに英語を伸ばさなくては・・という呪縛にしばられているのです。

では、考えてみてください。あなたの日本語は完璧ですか?

漢字検定1級に出てくるような難解な漢字を書いたり、読めたりできますか?

そうなのです。言語というのは、完璧を求めていたら、キリがないのです。

ある程度、生活に必要なくらいでよくて、自分の必要に応じて、伸ばしていけばよいのです。

その点、ドイツ親子留学では、ドイツ語の語学学校に通学することが義務になっていますので、強制的に学ぶことができますので。

子供さんも最初の1年間は、ドイツ語集中講座ですので。

心配せずに、ドイツ語を身につけていけばよいだけです。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。