大公開!オーストラリア親子留学の留学費&生活費

オーストラリア親子留学時代の留学費&生活費などを大公開してみようと思います。

現在は、円高傾向にありますが、オーストラリア時代の最後の時期は、円安傾向でした。円安傾向は、以前オーストラリアドルで1ドル110円近くまで行ったこともあります。

現在は、嬉しいことに、円高で、1豪ドル80円くらいですね。今は、オーストラリア親子留学のねらい目ですよ!

オーストラリア親子留学の留学費&生活費

分かりやすく、日本円にしています。大体の目安になります。また、年間の費用は1か月分にしてあります。

1か月分の学費&生活費

子供学費(ひとり)      約10万円 (年間で120万~150万)

家賃代(光熱費含む)     約12万円 (庭付きで広め)

食費(雑費、その他含む)   約8~10万円 (オーガニツクのため高め)

車代(ガソリン、保険、維持費)約2万円

健康保険代(母親&息子)   約1万5千円

インターネツト代       約1万円

月によって変動しますが、だいたいオーストラリア時代はこのような感じです。オーストラリアは物価が世界でも高く、食料品が中でも高いです。インターネツト接続代を見ても分かるように、日本の物価の2倍から3倍の価格になります。

日本の最低賃金が今は800円前後かと思いますが、オーストラリアでは、平均の1時間の賃金が2000円~2500円前後になります。

 

では、オーストラリア親子留学の節約ポイントは?

もちろん、子供さんの学費や固定費は減らせませんので、節約するポイントは、家賃や食費、雑費などになります。

家賃代も、狭い場所でよければ、いくらでも節約できますが、治安や子供さんの通学の利便性を考えると、ある程度は出費しなければいけなくなります。

また、節約できる食費や雑費ですが、なるべく外食は減らしたいと思いますが、食に関しては、オーストラリアでは農薬の使用量は、日本より断然少ないですが、除草剤のグリサフォードはあたりまえに使用していますので、できたら、オーガニツクを選択したいと思うと、高めになります。

また、オーストラリアの銀行にある程度預金すれば、日本よりは金利がいいので、試してみる価値はあります。

 

まとめると、 健康であれば、安いものです!

いろいろと、オーストラリア親子留学の費用を考えると迷うかと思いますが、子供が健康で、お母さんも健康であれば、多少費用がかかっても、安いものです!

子供が英語を毎日学んでいる、毎日成長している、かけがえのない体験を獲得していると考えると、安いものです!

健康であれば、長い目でみて、安くなりますので、ぜひ、食には気を付けて、毎日の生活費を考えてみてください。

必見!ドイツ親子留学の生活費 1か月の生活費は、15万~20万くらいになります。

2016.05.28

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。
オーストラリアに3年間の親子留学ののちに
ドイツベルリンに教育移住。
ドイツや英語圏への親子留学のサポート
をしております。また、お母さんの在り方としての
母親学についても発信中。