親子留学のための賢い比較の方法。評判、おすすめ、ランキング、人気、口コミを検討する

親子留学を決断するために、評判、おすすめ、ランキング、人気、口コミなどを検討しながら、決定して行く方が多いかと思います。

親子留学のための評判、おすすめ、ランキング、人気、口コミをどこまで信頼して、どこで妥協をしながら、決定して行くかは、その方の直感や価値観に左右されがちです。

どこを決め手とするか、どこで決断をするかは、自分の本当の意志に従い、決めたら、自分の道を進んで行くのが早道ですね。

 

親子留学のための賢い比較の方法は?

 

親子留学を成功させるためにも、親子留学を失敗させないためにも、比較をして、検討をして、決定していくのですが、あまりにも比較をしすぎると、迷ってしまい、どれがどれだかわからなくなる場合もあります。

親子留学のための比較での評判、おすすめ、ランキング、人気、口コミについて見ていきましょう。

 

親子留学のための比較、評判について

 

親子留学の国をどこにするか、滞在都市をどこにするか、学校をどうするか、どのエージェントを選択するかなどは、評判などをブログなどで検索しながら、進めて行くかと思います。

最初にわからない場合は、評判が非常に大切で、それによって、第1印象が決まってしまうとも言えるのです。

ホテルの評価や評判などでわかると思いますが、やはり、広告に強いところは、評判も良い場合が多いですので、実際に、自分にとって本当に良いのだろうか・・という視点を持つことが大切です。

自分の目的、価値観に一番合っているところを選び、評判は、自分の価値観にちょっとだけ付け足すものとして捉える方が良いと思うのです。

評判では良かったのに、自分にとってはそうでもなかった・・などよくあるものだからです。

ポイントは、自分は、評判を超えて何を希望するのか?ですね。

 

親子留学のための比較、おすすめについて

 

おすすめです!と言われると、わからない場合は、そうなのかなと思ってしまいがちです。しかし、自分にとっては、本当にこれでいいのだろうかともう一度検討をした方がよいのです。なんでもいいなら、言われた通りにした方が面倒ではないですよね。

親子留学のおすすめについても、誘導されている場合もありますし、やはり広告が強いところがおすすめされている場合も多いものです。

ですので、親子留学のおすすめも、参考までにとどめて、自分が一番良いと思った・・という直観を大事に決定すると良いと思います。

テレビや雑誌などでおすすめされているところなどは、今の時代、なぜ、おすすめしているのだろう?と一瞬考えてみる必要もありそうです。

ポイントは、何を基準にしたおすすめなのか?ですね。

 

親子留学のための比較、ランキングについて

 

親子留学のランキングなども、広告に強いところが、先頭に来る場合が多いですね。ランキングは、参考までにとどめて、自分に合っている場所はどこか、子供にとって本当に良い場所はどこなのかを見極める必要がありそうですね。

数字のマジックにだまされてはいけないというのも、頭の片隅に置いておくと良いかと思います。ランキング上位というのは、日本人が大好きなものになります。日本では、子供時代から、ランキングが大好きですよね・・。

例えば、ラーメン屋さんのランキング1位に食べに行っても、そんなに美味しくなかった・・などありませんでしょうか・・数字のマジックとはそのようなものです。

ランキングは、どの時点で、何を対象にしたものかはわからないですので、自分にとって一番良いものを選択する習慣を身に付けたいものです。

ポイントは、ランキング上位でもよくないかも?という視点ですね。

 

親子留学のための比較、人気について

 

親子留学で人気のある場所というのは、みなさんがいかれる場所ですので、混雑もしていますので、親子留学をして、本当に我が家、子供もお母さんもその場所で自分をいかすことができるのだろうか?と考えた時に、疑問が出てきます。

わざわざ、混雑をした、満員電車の中に突入していくようなものです。人気があるというのは、みんなが知っていて、ありふれている、特徴がないとも言えるのです。

人気など関係なく、もっと希少価値を大事にして、自分なりの選択をしていきたいものです。

ポイントは、人気があるとは、混雑しているということ!ですね。

 

親子留学のための比較、口コミについて

 

親子留学を比較する際にも、本当の実際の口コミというのは、非常に参考になるのではと思っています。しかし、口コミでさえ、体験した方の意見ですので、もしかして、自分は違うかもしれないという考えを持つことも大事になります。

口コミでの、より詳細な情報などは、良い場合にしても、悪い場合においても、聞いておきたいものですよね。良い点、悪い点をすべて知った上で、総合的に自分なりに判断していきたいものです。

ポイントは、どのような点での口コミか?ですね。

 

親子留学の比較をすると迷いが生じるものです・・

 

なんでもそうですが、親子留学の比較においても、比較をすると、さらに迷いが生じてしまうという欠点があります。

また同時に、迷いというのは、損をしたくないという感情でもあります。これが、進む道を阻んでいる場合が非常に多いのです。

私の意見では、親子留学の比較はある程度で、あとは、自分で判断をして、迷わずに、これだ!と決めたら、情報断捨離をして、突き進んだ方が、時間効率がよいと、経験からも感じています。

 

英語圏の親子留学 (保護者ビザ取得、学費が高い)

・オーストラリア親子留学

・ニュージーランド親子留学

・カナダ親子留学

 

英語圏ではない、親子留学 (学費が無料)

・ドイツ親子留学(公立の場合は、学費が無料)

 

オーストラリア親子留学からドイツへ教育移住をした6つの理由。『教育移住』を子供に贈ることについての経験と考察

2017年3月19日

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。