親子留学 オーストラリア 国際バカロレア(IB)

国際バカロレア(IB)が取得できるオーストラリアの公立校

オーストラリアに留学、親子留学するのなら、国際バカロレア(IB)が取得できるハイスクールに入学させたいと考える方も多いはずです。

オーストラリアの国際バカロレア(IB)の公立校は3つだけ

もちろん、私立校ではたくさんのIBスクールがありますが、オーストラリアの公立校でIB,国際バカロレアが取得できるハイスクールは3つしかありません。

(ハイスクールですので、国際バカロレア(IB)のデイプロマになります) 

1.Werribeee Secondary College

こちらは、ビクトリア州メルボルンの郊外にある、公立校(ステートスクール)になります。

2.Indooroopilly State High School

こちらは、クイーンズランド州のブリスベンにある、公立校です。クイーンズランド大学も近くにあります。

3.Cairns State High School

こちらは、クイーンズランド州のケアンズにある公立校です。ケアンズの中心街にあります。

 

なぜ、シドニー近辺には、国際バカロレア(IB)が取得できる公立校がないのか?

ニュースサウスウェールズ州のシドニー近辺は、有名私立校がたくさんあります。ですので、私立校が盛んなので(東京みたいですね)公立校のレベルが相対的に下がっている傾向があるからです。

それに比べて、クイーンズランド州やビクトリア州では、公立校と私立校の差があまりありません。公立校でも良い学校がたくさんあります。

現在では、シドニーあたりは、中東からの移民者も多くなり、以前と比べて、少し治安が悪くなりつつあります。

メルボルンは、中国人が人口の半分を占めています。メルボルンの中心街は、まるで、香港かシンガポールかと錯覚してしまいます。政治家にも、中国人の女性が進出しています。

日本からでは、LCCのジェットスターがケアンズ、ゴールドコースト、メルボルンに直行便を運航させています。どの都市で親子留学、留学するかは、好みにもよりますが、北は、トロピカルな気候のケアンズから、南の一日に季節があると言われるメルボルンまで様々です。

[kanren postid="337"]

[btn class="big lightning"]小冊子プレゼント&メルマガ登録[/btn]

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, オーストラリア, 国際バカロレア(IB)

Copyright© 親子留学のすすめ 自分を表現できる子供になるために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.