子供の語学力上達は早い!しかし、親が怠惰になって、自分の子どもに通訳をさせてはいけないという現実的な問題。

ドイツ親子留学、親子移住または、英語圏の親子留学でも同じですが、ドイツ語でも英語でも、子どもの上達は早いです。

1年も現地で学校に通学すると、子どもは、親の語学力を簡単に抜いていきます。

もちろん、子どもの方が語学力では断然、上になります。年を経るごとにその実力の差は開いてきます。

そこで、注意しなければいけないのは、親が子供に、通訳がわりに、子供を使ってはいけないということです!

時々いらっしゃいます。子供に、通訳して・・と・・

子供は、親の通訳をするために、海外の学校に行っているのではありません。

ですので、親は、子どもに通訳をさせずに、どんなでもいいですから、自分でやることです。

子供を使ってはいけません!そんなことをするようでは、親が怠惰すぎます!

ちょっと書いた文章を少し直して・・くらいなら、いいですが・・・

親も子供より少し遅れて、語学力を伸ばして行くこと!

子供より、親の方が語学力も劣るようになりますが、それでも、子どものあとをついていくように、自分なりに語学力を伸ばして行く事が大切です。

ドイツの大学をめざすぞ~とか、英語圏の大学をオンラインで申し込むぞ~などのゴールを決めて、進んでいきましょう。

誰かと比べたり、いつまでに入学しなければというのもありませんので、自分なりに進んでいけばいいわけです。

これから、ドイツ親子移住でこられる方がたくさんいらっしゃいますので、ドイツ語が伸びていく方もたくさんおられると思います。

長く滞在しているから、ドイツ語ができるようになるとも限りません。

私もチャンスがあれば、また語学学校を継続しながら、さらに上のドイツ語を身につけていかなければと思っています。

国際結婚をしている日本人の方と違って、家でも息子との言語は日本語ですので、私がドイツ語を伸ばすチャンスはないわけです。

そのあたりは、意識して行かなければと考えています。

語学習得は、生涯学習である。語学だけでなく、何か興味のあることをドイツ語、英語で読んで、勉強せよ!

大人、40代、50代になって、新しい語学を身につけるのは大変かもしれません。

実際に、ドイツでも年齢層が高くなるほど、覚えが悪く、50代、60代で何年もドイツに住んでいても、ドイツ語が上達していない方がたくさんいます。

ご主人がドイツ人でない場合は、仕方がないというか・・しょうがないですよね・・

オーストラリアでも、ご主人がオーストラリア人ではなく、スペイン人の方は、奥様が日本人で、30年以上オーストラリアに住んでいても、英語がいまいちだった方もいらっしゃいますので・・

ですので、環境がすべてだということがわかります。

また、自分が生活していくのに困らなければいいわけですので、子どもの学校に迷惑がかからないくらいの語学を伸ばして、

あとは、自分の趣味から語学を身につけるようにすると良いかと思います。

例えば、私が息子の趣味であるサッカーのドイツ語を身につけても意味がありませんので、

私でしたら、興味関心がある、ハーブについてドイツ語で書いてあるサイトを読むとか、ホメオパシー関連のドイツ語のサイトを読むとか・・

そのように、関心のある分野から、単語力、フレーズをおさえていけばよいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。