ドイツ親子移住は、ご主人のサポートで信用されていく

長期のドイツ親子移住は、ご主人のサポートで信用される面もあります

長期のドイツ親子移住に関しては、日本にいる配偶者、ご主人のサポートで、信用されていく点が多くあります。

滞在許可証に関しても、その点が重要な場合も多くみられます。

もちろん、自立されていて、それなりの収入があれば、よいのですが、そうでない場合は、日本からのサポートで信用されていく面もあります。

そりゃそうですよね・・自分1人ならともかく、親子で、子供を連れているのですから、国の方も、この人大丈夫かな・・と思われているのですから・・

西洋人にとっては、家族が離れて住むこと自体、考えられないことのようなので、このあたりも、しっかりと信用されなければいけないのです。

親子留学、移住する子供の精神的な成長から考えても、ご主人と良好な関係を持続させて、スカイプやメールでしっかりと連絡を取り合って、

亭主元気で留守がいい・・という微笑ましい関係を築づいて、持続させなければいけないのです。

お母さんの手腕が問われるところですね。

ドイツ親子留学、移住は、ご夫婦の高い精神性が求められる!

いろいろ見ていくと、親子留学、移住には、西洋人には考えられないかもしれないような、日本人特有の高い精神性が必要です。

ご夫婦が離れていても、子供のためにしっかりと一致団結して、協力していくことです。

ご夫婦の形はどんなであっても良いと思うのです。ぜひ、それぞれのオリジナルな形、新しい独自性を編み出してほしいと思います。

日本人はもともと高い精神性をもっていますので、可能性があると思うのです。

いかに、ご夫婦で子供のために一致協力できるか?ですね。

子供にとって、何が大切か?を重視するならば、ご夫婦で協力するしかないと思いますけれどね・・

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。