『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ドイツベルリンの学校は1週間の冬休み。ドイツベルリンで生活してよかったこと。

ドイツベルリンでは、1月末から1週間、冬休みです!

昨年の12月23日ごろからのお休みは、クリスマス休暇で、この1月末からが、冬休みになっている、ドイツベルリンです。

ドイツでは、8月末から新学期がはじまりますので、この1月の最後には、半年間の成績表をもらいます。

この冬休みには、オーストリアにスキーに出かける生徒も少なくありません。息子の友達も、親の職場の方たちと、スキーに出かけているそうです。

(007の最新作に出てきたオーストリアのスキー場に行っているようです。我が家も数年後には行きたいですね・・)

この冬休みが終わると、ドイツベルリンでも少しずつ春らしくなってきます。2月半ばすぎには、ケルンあたりでは、カーニバルが開催される季節になります。

しかし、日本の東京と違い、5月ごろまで、コートが手放せないのですが・・

ドイツベルリンで生活してよかったこと

わが家はドイツベルリンでの滞在が2年を過ぎました。

ここで、ベルリンで過ごしてみてよかったことを本音で!挙げてみたいと思います。

  • ベルリンは交通の便がよく、利便性がよく生活できる
  • 冬は寒いが、家の中は暖かい
  • 東京のように混雑していないので、生活がラクである
  • どんな格好をしていても、誰も気にしない
  • 移民が多く、どんな国籍でも気にならない
  • ベルリンの人たちは、自由な感じである
  • 犬がかわいい
  • アジアのお店では、タイの野菜がたくさん売っている
  • ベトナム料理店が多い
  • ハーブティーの種類が豊富
  • ディンケル(スペルト小麦)の製品も多い
  • お散歩が楽しい
  • 薬局がどこにでもある
  • 水道水がきれいである
  • ドイツ人の女性があっさりしてよい(アジア人の女性のように化粧が濃くない)
  • ベルリンの人は、日本人のようにイライラしていていない
メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.