6歳からのドイツ親子留学 インターナショナルスクールからはじめるコース

6歳からドイツ親子留学される方もいらっしゃいます。

6歳ということで、ドイツの現地校に小学校1年生から入学するか、

それともインターナショナルスクールに入学するか・・

という選択があります。小さいころに英語をまずマスターしてから、ドイツの現地校へ移行していく

というのも良い選択だと思っております。現地のドイツ人より、英語をよりパワーアップしてから、

ドイツ語に取り組むのは、日本人として、利点が多いと思われるからです。

 

ベルリンや近郊のインターナショナルスクールからはじめるドイツ親子留学

 

6歳からインターナショナルスクールに通学するのは、良い方法です。幼稚園あたりで、ちょっとした英語を

マスターしておくだけで、6歳ぐらいだと通用するからです。

もう少し学年が上になると、英語の授業についていけない・・ということになりますので、

ドイツのインターナショナルスクールは、英語ができるのが当然ということで進んでいきますので、

6歳の時点でインターナショナルスクールに入学するのがよいのです。

こちらに来られているクライアントさまと、インターナショナルスクールに見学に参りましたが、

先生たちもとてもフレンドリーですし、6歳の子供さんのために素晴らしい環境でした。

ベルリンにもいくつかのインターナショナルスクールがありますので、子供さんに適した

学校選びをすると良いかと思います。インターナショナルスクールということで、学費がかかる

ところがほとんどですが、中には、公立のインターもあります。

 

 

インターナショナルスクールからはじめる利点とは?

 

6歳でインターナショナルスクールからはじめる利点とは・・

  • 6歳から10歳くらいまで、インターに通学して、その後、日本の帰国子女試験にチャレンジできる
  • 6歳から12歳までインターに通学して、その後、ウェルカムクラスからドイツの学校に移行できる
  • 6歳から小学校はインターに通学して、その後、世界のインターナショナルスクールに移行できる

 

つまり、インターに通学することで、ドイツでも、日本でも、そのほかの海外、英語圏でも通用するのです。

日本語の勉強については、お母さんが教えて行くことで解決できますね。

ハーフのお子さんは、難しいですが、日本のご両親の子供さんでしたら、日本語の勉強は、

オンラインでも可能で、継続することもできます。

 

6歳から8歳は、日本語脳が作られるので、その辺りの心配について

 

日本語脳について研究されている方は、6歳から8歳くらいまでに

日本語脳が作られるので、この時期に英語の学校に通学すれば、英語脳になり、

日本語の学校に通学すれば、日本語脳になると書かれているようです。

オーストラリア時代から、ドイツでも、いろいろな方を見てきましたが、

どんな言語脳でもいいのでは・・と思うことが多いのです。

小学校を12回、色々な国で転校をした生徒もいましたので・・。

日本人の方は、まず、日本語ができないと・・と言われる方が多いですが、

そうでもないと思っています。どんな言語でも、自由自在で、日本語にこだわる

必要もなく、日本語にこだわれば、英語のチャンスはなくなりますし、

英語の環境が長ければ、少し日本語が微妙になるのはあたりまえで、

これからの将来で、日本で働くというより、よりおおきな範囲で職業を

持って行くと考えた時は、日本語にもこだわる必要がないのです。

日本語にこだわっている方は、日本での受験、帰国子女試験、日本の就職を

考えているからであり、もう、そのような時代は、終了したような気がしています。

結論として、6歳からでも、早いうちに、海外の生活をはじめることで、

より多くの可能性が見えてくることになります。

そして、親の在り方次第で、子供の環境をどのようにでもアレンジすることが

できますので、子供の才能を早めに見極めて、親がよりよい選択をしていきたいですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。