海外の選択の視点を親が与えてくれていたなら。。。

海外の選択肢の視点を与えることの重要さ

ある雑誌に慶応大学生がアンケートに書いた言葉からです。

高校時代には、海外という選択肢すら、思い浮かびませんでした。

そのような視点を両親が与えてくれていたら。。。

これは、よくあることだと思います。

中学生、高校生が自分でひとりで、海外に目を向けることができるか?というと、

環境によって違いますので、周りにそのような雰囲気がなければ、選択肢として、思いつかなくても当然です。

やはり、両親が気が付いて、子供に可能性を示唆していく、導いて行く事の大切さがわかります。

こんなビザ情報も知っておこう!

海外というと、旅行や留学だけで、日本人パスポートだけで、滞在できるビザについて知らない方もたくさんいらっしゃいます。

よく海外を飛び回っている方は、知っていますが

例えば、パスポートだけで6か月滞在できる国を知っていますか?

正解は、カナダ、オーストリア、イギリス、メキシコ です。

つまり、カナダとイギリスの両方の国において、パスポートだけでの1年間の親子留学が出来てしまうのです!(学校に通学できるかどうかは、それぞれ、確かめてください)

明日からでも、航空券をとれば、行けますね。航空券も空港で購入できますよ。

こんなことも、お母さんがご両親が子供を連れて、冒険しているだけで、子供に素晴らしい視野の広い世界を与えることができますね。

理想より、実践を大事にしよう!

最近、時々思うことは、”グローバル社会に向けて、グローバルな視点で。。”などという、理想論を言う方がたくさんいらっしゃいます。

大事なことは、そのような視点ではなくて、実践の方が大事で、すぐに、飛行機に乗って、海外のどこでも行って、生活してみることです。

グローバル社会などは、ありません。グローバルな視点はありません。

その国の文化があり、生活があり、人々が一生懸命生活しているだけです。その中に、日本人として生活していけるか?

ただそれだけなのです。海外生活とは、ただそれだけです。

子供の学校も、インターナショナルスクールでも現地校でも、その国に住んでいるので、通学しているだけです。

私立のインターナショナルスクールなどは、高額な学費をご両親から集めていますので、ご両親が納得する付加価値を唱えなければいけません。ですので、インターが掲げているグローバルな視点などは、理想論を唱えているだけです。

そのような理想論を唱えていても、授業は、どこでも同じ、英語、数学、外国語、生物、化学、物理、歴史、地理、情報などすべて同じです。現地校と同じです。

つまり、インターナショナルスクールでも現地校でも、授業内容は同じなのです。どのように、学校を宣伝して、生徒を集めるか?のマーケティングの世界如何なのです!

ですので、学校選びもこだわらずに、どこでも行けるところに行くことがまずは、大切になります。実践あるのみ、行動あるのみです!

グローバルがどうのこうのは、2の次ですからね。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。