『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 子供の教育

海外の学校では、まじめや一所懸命だけでは通用しない。図太さ、機転を利かす、賢さなどの生きる力が必要。

息子がオーストラリアで見た。みんな、走り出す時、フライングしている!!

日本では、徒競走など、ヨ~イドン!ということで、ドン!のあとに飛び出しますね。その前だと、フライングになるかと思います。(運動会などそうですね・・)

息子が、オーストラリアの小学校、ハイスクールで見たのは、全員、フライングで飛び出すということです。また、ドイツでもそういう傾向があるそうです。

息子曰く、日本人以外の外国人は、基本的な姿勢が、ずるがしこい。それがあたりまえ。

思い出してみればそうですね。イギリスなど、フェアプレイ・・といわれますが、基本姿勢として、フェアプレイができないので、フェアプレイを大事に・・なんてなるわけですから・・・

日本人にしてみれば、フェアプレイなんて、あたりまえなはずです。もう、根本的な姿勢が違うんですね・・

日本人の大多数の特徴である、まじめで一生懸命であることは、海外の学校に行っても、貴重になります。

まず、外国人は、基本的にまじめで一生懸命である人は少ないです。

大切なことは、まじめで一生懸命であるだけでは、生き残れない、サバイバルできないということです。

外国人は、一般的な日本人より、もっと図太い、ズルいくらいに、クレバーである、機転を利かす、つまり、生きる力があるわけです。

子供さんも海外の学校に通学していくと、語学だけでなく、そのようなことも経験しながら、生きて行く力を見出していくと思います。

まじめだけでは、誰かに潰されるかもしれませんよ。自分を大事にして生きて行く事をしなければ・・・

今、札幌の看護師の過労死の記事を読んでいました。

まじめに勉強して、まだ足りないと・・・時間外労働が増え、最後には、自分が消えたいと・・・

まじめにヤリすぎ、完璧主義だとこうなるのです。人間の労働には、限度があります。休んで、次の日に備えることも大事なのです。

日本でまじめに進んでいく方の中には、まじめすぎて、融通が利かない、応用性がない、機転が利かない方もたくさんいらっしゃいます。

自分を大切にすることを学んでいない、軽視しているところがあります。

上へ、上へとばかり目指すあまり、無理している方も多いですね。

みんなしているから・・という言葉にもごまかされがちです。

そういう点でも、一度、海外の学校に通学して、外国人がどのように考えて、どのように働いているか?を見るべきですね。

もっと良い意味で、いいかげんで、図々しいですよ。

自分が消えたくなるまで、長時間働くなんて、ありえないですね。誰のために、働いているのでしょうか??

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

添田衣織 そえだいおり

2011年からの親子留学も12年になりました。E U永住権も取得、子供も成人して、新しい親子留学、移住への見方もできるようになりました。多くの方が親子留学で新しい一歩を踏み出すことができるようにサポート、応援しています。ドイツへの移住、親子留学、ドイツ生活についてはお気軽にお問合せください。

-親子留学, 子供の教育

Copyright© ドイツ親子留学と子供の教育 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.