『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ドイツでの進学なら、大学の修士、博士課程まで行かせることができる!

ドイツ移住で子供を大学の修士課程、博士課程までの可能性が広がる!

6歳から遅くても15歳までにドイツ移住することで、将来的に大学の学費を気にせずに、修士課程、博士課程まで、子供を進めることができます。

ドイツ親子移住のよさは、このようなところです。

普通は、子供だけが留学して、ドイツの大学、大学院と進めていきますが、

子供だけが留学すれば、親はドイツに移住できませんし、ビザも取得できません。

ドイツ親子移住ならば、子供は、大学、大学院へと進み、親も永住権を取っていけるのです。

日本もそうですが、英語圏の大学で、大学を卒業して、修士課程、博士課程と進めると、

学費がかなり必要ですので、実際問題、あきらめなければいけない状況になります。

しかし、ドイツでは、余裕で、学費は気にせずに、勉強、研究させることができます。

ドイツも学歴社会ですので、できたら、マスター(マギスター)、ドクターレベルをもっていると、将来的に強みになります。

これからの社会で、生き残って、サバイバルするためにも、学士、修士、博士など、できるなら、自分を守るためにも取得するにこしたことはありません。

本日、香港からの女性とお話ししたのですが、名刺をもらいましたら、やはり、ドクターと書いてあり、博士号を取得している方が、ベルリンで仕事をされているのです。

ドイツもやはり、学歴社会である、日本人は、外国人であるので、自分を守るためにも、学位の取得が大切だと痛感しました。

ドイツ親子移住で、ドイツに移住される方は、学費を気にせずに、子供さんを博士課程まで進めていきましょう!

卒業まで、25歳を過ぎても、大丈夫ですよ。25歳まで、子供手当がありますので。

小学校、中学くらいから、狙っていくといいですね。

ドイツ移住の1年目は大変だけれど、必ず、伸びていきますので、親が心配しないことが大切!

我が家は、オーストラリア、ドイツと新しい学校を経験してきていますが、英語でもドイツ語でも、最初の1年間は、少し大変です。

しかし、子供さんも親も、1年間は、じっと我慢しながら、頑張っていきましょう。

1年経つ頃には、自然とドイツ語もできるようになっていきます。

焦らなくても大丈夫ですので、1つ1つやるだけです。

子供さんも半年から、9か月、10か月くらいで、苦しい場面もあるかもしれませんが、お母さんもおおらかに過ごしていれば、子供さんは、必ず、できるようになります。

長く滞在すればするほど、馴染んでいきますので、その過程を楽しんでください。

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.