親子留学をあきらめていた方の希望なのです!

ドイツには希望があるのです!

子ども3人を留学させられる費用は、無く、、、留学するなら、
私も現地で働きたいと思い、悩んでおりました。
そんな時、添田様のサイトとであい、ドイツに目を向け、学費が無料の挙句、
子ども手当が頂けると、真っ暗だった目の前に光が差し込んだのです。

こちらは、お客さまからのメールからです。

私も最初、ドイツのチャンスをそう思いましたし、みなさんもこう、感じられています。そうなのです。発想を転換するだけで、ドイツには、希望があるのです。

ドイツ語は、将来、有望なのか?

これからは、実は、必要であると思います。

日本では、現在、英語の次は、中国語ということで考えておられる方も多いと思います。それは、正解ですね。アメリカの大学に行くより、北京大学、清華大学あたりの理系に進んだほうが、30年後のハーバード、MITになりますので。

また、イギリスがEU離脱したことにより、欧州の経済の中心は、ドイツになります。欧州は、ギリシャ、スペイン、イタリアあたりは、経済破綻していますので、スペイン人、イタリア人が続々とドイツ入りしています。

欧州では、イギリスとドイツだけが、職があると言われていましたが、イギリスが離脱となると、ドイツだけが、仕事がある、仕事に有効ということになります。

日本もロンドンが欧州の駐在所、事務所の中心でしたが、これからは、ドイツのデユッセルドルフあたりに変更してくる可能性も高いです。

ドイツ語ができる人が必要になってきます。小学校時代にたった2年間でも、ドイツにいたことは、有効になってきますね。

やる気があれば、誰でもできるということ

ドイツの滞在は、日本での1か月に必要な家賃、食費より安くて済みますので、

  • ドイツ語を勉強する意欲がある
  • 最低2年間でもOK
  • 最低300万以上の銀行預金がある
  • または、ご主人、親の援助がある

上記さえ、クリアしていれば、最低2年間くらいはドイツに滞在できます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。