ドイツの中学高校から大学に進む方法、アビトウアに進む方法

 

我が家は、14歳からドイツで進んでいますが、14歳、もしくは、15歳がドイツの大学、アビトウアに進んでいく最終ラインだと考えて良いかと思います。

(もちろん、他の方法もあります・・・夜間ギムナジウムなど・・)

また、英語圏の学校、インターナショナルスクールの経験も10代の前半に、3年くらいは必要であると見ています。

 

ベルリンの学校でより良い進学方法はどれか?

 

ベルリンの学校で進む場合、3年の英語圏の学校、インターの経験があった方が今後の見通しも良いと思いますので、少し良いコースを考えてみました。

なぜ、最初に英語を最初に習得する必要があるのか? 

ドイツで生まれていないので、英語ぐらいできていないと、今後アドバンテージを取ることができない、また、英語から入った方が、ドイツ語が習得しやすいという理由があります。

 

  1. ドイツのインターや英語圏の学校で、10歳小学校4年生から12歳小学校6年生までの3年間
  2. 13歳からベルリンの現地校ウェルカムクラスからギムナジウムへ

 

また、我が家のように、最後の1年間、英語圏のハイスクールを経験しているというのも、非常に良い経験になります。

このコースだと、日本で10歳まで日本語教育を受けていますし、バランスの良い進み方ができるのではないでしょうか・・。

考え方次第では、このコースだと、日本の大学、ドイツの大学、英語圏の大学全てに対応できます。

  1. ドイツのアビトウア取得で、日本の大学の帰国生試験、AO入試
  2. ドイツのアビトウアからドイツの大学へ
  3. ドイツのギムナジウムでケンブリッジ英語試験C1が取得できますので、英語圏の大学へ

 

アビトウアは、ドイツの高校卒業試験です。

ドイツのギムナジウムでは、ケンブリッジ英語検定試験C1の選択科目があります。

 

ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)を基準とした比較
CEFR ケンブリッジ英語検定
(一般および高等教育)
ケンブリッジ英語検定
(ビジネス)
IELTS[12] Linguaskill
Business
TOEFL
(iBT)[13]
実用英語技能検定[14]
C2 C2 Proficiency   8.5~9.0 90~100    
C1 C1 Advanced C1 Business Higer 7.0~8.0 75~89 95以上 1級
B2 B2 First B2 Business Vantage 5.5~6.5 60~74 72~94 準1級
B1 B1 Preliminary B1 Business Preliminary 4.0~5.0 40~59 42~71 2級
A2 A2 Key     20~39   準2級
A1       10~19   3級

 

出典:ウィキペディア ケンブリッジ英語検定試験

 

C1 Advanced is used for study, work and immigration purposes. It is designed to demonstrate that a candidate has achieved a high level of English ability which can be used in academic and professional contexts.[9]

C1 Advanced is accepted globally by over 6,000 institutions.[10] Many higher education institutions accept C1 Advanced for admission purposes. These include universities based in:

  • Australia (e.g. Monash University)
  • Canada (e.g. University of Toronto)
  • France (e.g. ICN Business School)
  • Germany (e.g. Ludwig-Maximilians-Universität München)
  • Hong Kong (e.g. The Hong Kong University of Science and Technology)
  • Italy (e.g. Politecnico di Milano)
  • Japan (e.g. University of Tokyo)
  • Spain (e.g. Universidad Carlos III de Madrid)
  • Switzerland (e.g. Swiss Federal Institute of Technology in Zurich/ETH Zürich)
  • UK (e.g. University of Oxford)
  • USA (e.g. University of Virginia).[11]

A full list of organisations can be accessed on the Cambridge Assessment English website.

出典:C1Advanced

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。