カナダの親子留学 カナダのオンタリオ州・セントキャサリンのリドリーカレッジを希望していたけれど・・

カナダの親子留学 カナダ・セントキャサリンのリドリーカレッジを希望していたけれど・・

我が家は、最初にアメリカのシアトル、オーストラリアケアンズのお試し3か月の間に、

カナダのオンタリオ州のセントキャサリンにあるリドリーカレッジ Ridly College を見つけて、

こちらは、すばらしい・・息子にぜひ行かせたいと検討していました。

私もカナダに長期間住んでみたかったし、学校のサイトから感じられる雰囲気も良さそう、大学の進学についても、申し分ない感じでした。

このようにワクワク調べていくと、楽しいですよね・・

息子は、アメリカの野球が大好きでしたし、最初は、アメリカの大学進学を考えていましたので、カナダのリドリーカレッジに行けば、アメリカの良い大学も狙えるとの思いもありました。

カナダのハイスクールからアメリカの大学を狙うという作戦もよいと思っていました。

そして、カナダのオンタリオ州についていろいろ調べていると、雲行きのあやしい情報を目にしました。

カナダのオンタリオ州は、水質が良くないんですね・・そして、ニュークリアー施設も乱立しているとの情報が・・

もう、私の情報探しの旅は、ここで終了です。そして、カナダのリドリーカレッジのことを考えることも、ストップしたのです。

少しでもこのような情報が入ると、白紙にしていたのです。

英語圏を離れるだけで、いろいろな世界が広がる

もちろん、私も親子留学、海外留学といえば、英語圏・・ということで、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、シンガポール、フィリピン、マレーシア・・と考えていきました。

インドやパキスタン、ブルネイなども英語圏なのですが、観光ビザでさえ、取得が難しいんですね・・

マルタ親子留学、フィジー親子留学などもありますね・・

グアム・ハワイ親子留学・・ここは、日本にいるのと同じですね・・太平洋でのあやしい危ない情報もありますけどね・・

我が家は、中でも水道水のフッ素が抜けているという、オーストラリアケアンズをまず、第1に選択したのです。

当時は、水道水のことまで、詳しく調べていなかったので、ちょうどホームステイのチャンスが舞い込んできたケアンズを選んだ・・というのが正しいのですが・・

豪州は、オーストラリアの国家元首はイギリスの女王という・・イギリス影響が大きい国です。もちろん、ニュージーランドもカナダも・・シンガポールもインドも・・ですね。

英語の資格であるIELTS を採用している国は、すべてイギリスの影響が大きい国です。このアイエルスの受験料金がものすごく高いということは・・・と想像してしまいますね・・

フィリピンは、アメリカの影響が大きいですね。日本や韓国もアメリカ系でしょうか・・

これらのアメリカ系、イギリス系以外の国をぜひ、注目してほしいのです。

たくさんの魅力的な国があるのです。

英語・・・という枠さえ、取り除けば、素敵な国がたくさんあるのに、英語圏・・にとらわれていると、つまらない国しかないという・・

私は、そんな感覚を何十年も持っています。高校時代くらいから、持っていました。

中学、高校時代に英語スピーチコンテストに出場したくらいから、英語って・・・つまらないな・・と思っていたのです。

ですので、日本の方が、英語、英語・・・・と言っているのを見ると、違和感で、英語といっているのに、アメリカ・・で、米語じゃん・・という感じで・・

英語圏から離れる・・・これだけで、いろいろな世界が広がると思うんですけどね・・

英語は、ビジネス使用ということで・・使えた方が便利というくらいですね。

さっさと英語を学んだら、英語圏から、脱出しましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。