ドイツ・ベルリン親子留学のために役立つサイト、事務手続きも学校、観光も早わかり。

ドイツ・ベルリンに親子留学したいと思って、ご自分で検索される方も多いかと思います。

その時に一番役立つサイトをご存知でしょうか?

日本語ではありませんが、英語ができれば、すべてがわかるサイトがあります。

ドイツ・ベルリン親子留学では、このサイトからはじめよう!

ドイツ・ベルリンの親子留学を希望する場合、一番最初に見るサイトはこちらになります。

ベルリン情報サイトhttps://www.berlin.de/en/

こちらのサイトから、住民登録のための予約、外国人局での申請のための予約もできるようになっています。

また、学校や観光などの情報もあります。イベントの情報も盛りだくさんです。

世界中からドイツ・ベルリンに来られる方は、こちらの情報から進んでいきますので、ぜひ、覚えておいてください。

日本の方は、わりと日本語の情報を検索される場合が多いですが、英語の情報の方が正確な場合が多いです。

ドイツ・ベルリン親子留学のための学校情報

ドイツ・ベルリン親子留学のための学校情報は、どのサイトを見れば良いでしょうか?こちらになります。

ベルリンの学校情報 幼稚園から高校まで https://www.berlin.de/sen/bildung/schule/

 

ドイツ親子留学・ベルリン親子留学のための家探しのサイト

ドイツ親子留学・ベルリン親子留学のための家探しは、どのサイトを見れば良いでしょうか? こちらになります。

家探しのサイト   https://www.immowelt.de

          https://www.immobilienscout24.de

          https://www.coming-home.org

 

現在、ベルリンでは、新聞でもテレビでも報道されていますが、住宅難になっています。良い地域では、小学校が満員状態だということを、クライアントさんからも聞きました。

そして、ベルリンの家賃は、この数年で高騰しまして、1か月15万円以上と見積もった方がよさそうです。首都圏、東京と同じになります。ベルリンから北方面のブランデンブルグ州だと、また、安いそうですが・・・。

地域をどのように選択していくか・・・にかかっています。

ベルリンには、12の地域があります。

ベルリン特別市の行政区分としては、12の区 (Bezirk) に区分されている。

出典 ベルリン ウィキペディア

 

 

この12の地域の中でも、家賃が高い地域と安い地域があります。

実際に、子供2人を連れて、お母さんですと、3人で居住するようになりますので、日本のように1部屋で、3人で暮らすというのは、許されないのです。

ベット1つにひとりということになります。

そうすると、3年前は、10万以内で賃貸できた物件も、現在は、急激に高騰していまして、15万以上の物件が多くなっています。

家賃は、東京と同じ、1300ユーロ以上、15万以上と予定してください。

良い地域は、さらに高く、18万から20万の家賃になります。最初は、家具付き物件を選択していきますが、いずれ、ご自分で家具なし物件を選ぶようになるときは、少しは安くできますが、

1000ユーロ以下の家具なし物件だと競争がものすごく、50人もの人が集まります。

ですので、結局、家具なし物件でも、1300ユーロ以上、1500ユーロ近くのものしか選択できないことになり、そのためには、預貯金の証明もしっかりと見せなければいけない状態になっていることは、経験でわかりました。

私が個人的に感じて、選んで見ると、このようになります。

家賃の高い地域  家賃が20万前後くらいになる物件が多いです!

まだ、家賃がなかでも、お手ごろな地域

危ないと言われる地域

 

ほかの地域は、旧東ベルリン地域などもあり、なんとも言えませんが、また、同じ地域でも駅に近いとか、遠いとかによっても違ってきます。

このようなことからも、ビザ更新をしていくのは、大変になりますので、事前の準備をしっかりとされてください。

3年前に私が経験して、普通のお母さんでもベルリンに親子移住が誰でもできると思って、発信してまいりましたが、

3年の間に、時代も変化して、家賃も高騰して、すべての人がベルリン移住できるという状態ではなくなってしまった・・・

安易に考えてはいけないのではないか・・・とも思っております。

家賃は、予想以上に高い・・・と思って、計画していただけると良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。