『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ビザというものは、早い者勝ちであるということを分かっていらっしゃるお客様現れる!

ビザというものは、変化していく。早い者勝ちである・・とも言えるのです!

ビザというものは、将来的に、5年後、10年後はどうなっているかといえば・・

わからないし、変わっていくかもしれない・・とも言えるのです。

国の状況、戦争でもはじまれば、どうなるかもわからないわけです。

最近では、ロシアのビザが緩和されたました。国の政策で変わってきてしまうのです。

本日のお客様は、いろいろな国に滞在されていた経験があり、各国のビザ取得の難しさをよくご存じの方でした。

英語圏のビザの難しさ、家賃高騰を直視されて、ドイツへの道に気が付かれました。

いろいろな方とお話ししてきましたが、やはり、英語圏に滞在された経験がある方は、英語圏、特に、オーストラリア、NZの厳しさ、学費、家賃などで、疲弊してしまうことを身を以て体験されています。

オーストラリア、NZは、日本の物価の3倍です。時給は、2500円くらいになります。日本からのお給料ではとても難しいものになっています。

そんな状況の中で、ドイツの状況は、夢のように映ったようです。

英語圏以外は、世界を見回してみても、本当は、教育費は無料があたりまえなんですけれどね・・( 外国人でさえも・・)

焦る必要はないけれど、やはり、チャンスを逃さない方が良いと思う

本日のお客様も、チャンスだからとすぐにドイツ親子移住を申し込まれました。

このような、決断力の早さと行動力は、より良い今後を自ら作っていくと思います。

我が家も、オーストラリアからドイツに来るとき、息子はあと1年、オーストラリアに居たかったようですが、

私が、善は急げという方針で、ドイツにすぐに親子移住してきました。

私も焦ったわけではないですが、今あるビザの状況が、今後変化していくことを危惧したからです。

我が家がドイツ入りした2年前と今では、ビザ状況は同じですが、外国人局の混み具合も増し、住む家の選択肢なども狭まってきています。

早い決断力が吉ですので、ドイツ親子留学、移住を希望される方は、検討されてみてくださいね。

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.