海外親子留学のデメリットをメリットにする方法。安全と効率良くをめざす。

海外親子留学では、デメリットをメリットにいかに変換できるか・・がポイントになります。

そして、何かを真剣に進めていきたいと思ったときには、メンターの存在が重要になります。

メンターとは、師匠、いつでも相談して、師事を受けることができる人の意味です。

迷った方向に行かないように、アドバイスをいただける恩師のようなものですね。

海外生活においても、デメリットや不安、2、3年先のことを効率良く進めるためにも、事前に

経験者から、メンターからの指示を仰いでおくことで、メリットにできますし、この点が重要になります。

 

海外親子留学のデメリットを減らすために、メンターの存在が鍵

 

何かのプロフェッショナルになる人というのは、師匠やメンターが必ずいるものです。

例えば、野球のイチローさんでしたら、お父さんがメンターの存在だったと思いますし、プロの方はそれぞれ、師匠がいるものなのです。

日本のお寿司屋さんでも、大工さんでも、ドイツの職人の仕事でも、必ず、師匠について、学んでいき、そして、自立していく過程をたどっています。

子供にとっては、お母さんやお父さんなど、親が子供のメンターになれるならば、それはすばらしいことになります。

同様に、海外生活をするにあたっても、メンターのような存在をもっていることで、デメリットを減らし、非常に精神的にもラクに海外生活を過ごすことができるのです。

海外生活、滞在が初めての場合は、知り合いなども現地にいませんし、生活などは、慣れていけば簡単なのですが、最初はどこにどのようにすればよいのかわからないものなのです。

私自身も、もっと生活のことを教えてくれる方がいたなら、こんなに右往左往しなくても良かったのにと振り返れば思います。

生活のことは、たいしたことないとしても、子供の学校のことなどは、早めに情報を取り入れていくことで、より良い選択肢が広がることになります。

何が必要で、こんなことは、たいして必要ではなかった・・なども多くあるものなのです。

今現在、私が実験していることは、海外では、虫歯治療が大変だと良く言われますが、虫歯は、痛みがあったとしても、少しがまんすれば、そのまま放置でよし!というのを実験中。

このようなちょっとしたことも、生活をしていくためには大事になります。

ちょっとしたデメリットをメリットに変えることが大切です。

 

海外親子留学で一番大事な、子供の学校のこと

 

子供の学校の担任の先生とのコミュニケーションなどでも、ちょっとしたニュアンスで、良い方向にも行き、反対に悪い、気まずい方向に行ってしまったりする・・などもよくあるものです。

日本人と違い、海外の場合では、こうした方がいいというのもあるし、逆に、日本と違い、そんなに気にする必要もない点も多いですね。

子供が学校でより良く過ごすことができるためにも、その学年よりも前に、準備として知っておくと良いことも多いのです。

外国人として、学校に在籍するので、その点は、早めのチェックが必要であるとも言えます。

例えば、ドイツの学校では、早めに休暇をとって、日本に帰国することは許可されないのですが、ちょっとしたニュアンスの手紙の書き方で、それをクリアすることもできるのです。

実際にこちらに来られている方で、帰国しなければいけませんでしたので、学校へのお手紙などのお手伝いをさせていただきました。

学校から許可されるのか、許可されないのかも、交渉次第であり、手紙の書き方のニュアンス1つで変わってきてしまうものなのです。

学校の担任の先生から、子供がどんな印象をもたれるかが、学校生活の鍵ともいえますので、子供にとっては、毎日の学校生活ですので、重要になります。

日本とは、また違った価値観や雰囲気もありますので、その辺りを抑えることも大事ですね。

経験者やメンターにアドバイスをもらいながら、最初の数年は進めて行き、価値観やニュアンスはどのようなものなのかを体感から、経験から会得することが大事になります。

欧州の最新情報や実現できるドイツ親子留学のメルマガにも書いていますので、よろしければ、こちらにもご登録してみてくださいね!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。