『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学

親子留学でのドイツ語の習得は、5年ぐらいかかる!?

 

上記の写真で、三日月の下に明けの明星(the morning star )

が見えますでしょうか・・・

早朝4時45分ごろには、見えるのです・・

肉眼ではもっと明るくみえます・・

 

 

親子留学でのドイツ語の習得・・

どこをもって、習得なのか・・にもよりますが、

習得、マスターという意味で、

ドイツ語C1レベル、大学入学レベルとしてみましょう・・

そうすると、5、6年かかる・・といえるでしょう。

(お母さんや子供さんなど・・)

毎日必死で勉強する方なら2年でもいけるかもしれませんが・・

(大学生くらいでね・・)

 

親子留学でのドイツ語の習得は英語の倍の時間がかかる!

 

ドイツ語の習得には、英語の倍の時間がかかる・・

倍とはいわないまでも、

英語が3年くらいで習得できるとしたとして・・

ドイツ語は5年くらいかかるのかな・・と思います。

 

自身、ドイツ語学科なのに、こんな感じで、

もっと真剣にやれば違うのですが、真剣にはやりませんので・・

毎日ドイツ語の学校を継続すればいいのですが、

そんなわけにも行かずに・・という感じです。

 

結論として、ドイツ語はなんだか慣れない言語ですね・・

子供は毎日学校なので、強制的な環境でうらやましいです・・

英語は、慣れやすい言語ですが、

ドイツ語は、慣れにくい言語かな・・

(日本の環境で育つと、慣れにくくなるということでしょうね・・)

こんな思いはありますね・・

多くの方がそのように感じていると思っていて

間違いなさそうです・・・

 

親子留学、ドイツ語で押しつぶされないために・・

 

私自身、ドイツ語をもっと上達させなければ・・

という意識はもっていません。

自然に上達できる環境になればいいなと思っています。

結局、滞在していて、

ドイツ語が必須になる環境になるまで待つ・・

(日常生活以上でドイツ語が必須になる環境ですね・・)

いずれ、大学生活になればいいかな・・と思いつつ・・

ドイツの大学は、習うではなく、研究する・・なので、

自らのテーマがないと継続ができないとも言えるのです。

そのようなテーマを決めるのにも時間がかかりますよね・・

お母さんたちは、もっと鷹揚に、気張らずに、

ドイツ語に接していくのがいいのかな・・と思っています。

ドイツ語で苦労しての重苦しい生活・・というのは、

手放した方がいいのかな・・と思っています。

 

親子留学でのお母さんに大切なことは・・

 

ドイツで生活するなら、日常生活レベルのドイツ語は

必要ですが、親子留学でもっと大切なことは、

子供を見守る・・

母親としての生活を整える・・

こちらの方が大事で、その中で、

ドイツ語が自然に伸びていく環境を待ち望む・・

これができたらいいなと思っています。

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.