親子留学 オーストラリア

オーストラリアの小学校の良いところ、悪いところ

IT教育が進んでいる

オーストラリアの小学校というと、フレンドリーなイメージと自然豊かで、ゆったりした感じを想像されるかと思いますが、IT教育も意外にも進んでいます。

小学校では、Wifiが完備されていて、PCがいつでも接続できるようになっています。実際に、小学校4年生からアイパッドを使用した授業が行われています。

また、小学校の高学年では、プレゼンテーションの授業があり、パワーポイントを使用して発表しました。

息子たちの学年は、卒業時に卒業制作として、アップルPCにて、アイムービーをひとりひとり、個人のアイムービーを作りました。

この時に、アップルを使用して、理解していましたので、中学入学後には、息子個人専用のアップルを家でも使えるように購入しました。

きちんと整理整頓、態度をきちんとさせる教育

オーストラリアの小学校に入学して、一番聞いた言葉は、organise ( organize)という動詞です。整理整頓するという意味ですね。

先生方もよく使う言葉です。きちんと周りと整える、スケージュールを管理するなど、自己管理をするように徹底されます。

また、behaviour(bihavior)  態度や振る舞いという意味ですが、こちらも低学年から徹底的に指導されます。少しイギリス風な教育の影響もあるでしょうね。学校の成績や評価も、態度や振る舞いの点数も入ります。

オーストラリアは、平和的に何でも解決することが求められますので、相手を侮辱したり、非難すると訴えられることもあるのです。

そのような観点からも、平和的な、きちんとした態度が小学校から求められています。

OX式や三択の問題も多い

オーストラリアの小学校の教育の悪い点を挙げるならば、わりと簡単に済ませてしまうところです。プレゼンテーションの授業などもあり、IT関連や発言のチャンスは多いのですが、

あっさりと、OX式や三択問題で過ぎてしまうところです。教科書も基本的にはありませんので、先生方は、プリントをコピーして使用します。

ドイツの教育から比べてしまうからなのでしょうが、長い文章を書かせることはあまりありません。オーストラリア人の気質の影響なのでしょう。明るく、あっさりとした授業内容が多いような気がします。

[kanren postid="266"]

[btn class="big lightning"]小冊子プレゼント&メルマガ登録[/btn]

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, オーストラリア
-

Copyright© 親子留学のすすめ 自分を表現できる子供になるために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.