夢のようなドイツのクリスマスの5つの特徴

 

クリスマスは11月末からはじまる

今年は、11月29日からドイツのクリスマスは始まりました。

11月29日は、12月24日からさかのぼって、4週間まえの、11月30日に一番近い、日曜日です。なので、11月29日からアドベント(待降節)が始まるのです。

この日以前から、クリスマスマーケットが始まっているところもあり、また、お店では、アドベントカレンダーもたくさん売られているので、10月半ばごろから、街はクリスマスの雰囲気がしてきます。

ハロウィーンは忘れられている感じがあります。 日本でも、最近アドベントカレンダーも見られるようになりました。12月24日まで、子供たちは毎日、アドベントカレンダーの窓を開けるのが楽しみなようです。チョコレートが1つずつ入っているカレンダーもあります。  

2.  聖ニコラウスの日が12月6日

ドイツのクリスマスは12月6日にもあるのです。

12月6日は、聖ニコラウスがやってくる日なのです。 聖ニコラウスとは、今のトルコのミラという小さな街に紀元3世紀に生まれたと言われる伝説上の聖人です。

12月6日に子供たちのところにやってきて、悪い子供にはおしおきをします。 良い子供には、ご褒美のプレゼントをするのです。

ですから、子供たちは、12月5日の夜に靴をビカビカに磨いて、ベッドにプレゼントを入れてもらう靴下をさげてから、寝るようです。    

3. クリスマスツリーはドイツからはじまった

クリスマスツリーの飾りつけは、ドイツに由来しています。

ドイツ移民がクリスマスツリーの伝統をアメリカにもたらして、世界中に広がっていったのです。

古い書物によると、1605年アルザス地方のシュトラスブルグ(当時のドイツ領、現在のフランス)のある家庭がきっかけで、モミの木を森から持ってきて、そこに、りんご、ワッフル、金箔、お菓子で飾り付けしたのが、由来なのです。

4. ドイツのクリスマスマーケット

なんといっても、ドイツのクリスマスの特徴は、クリスマスマーケットが各都市で開かれているところです。

有名なところでは、ニュルンベルグのクリスマスマーケット、ドレスデンのクリスマスマーケットなど、旅行会社が企画している有名な場所がいくつもあります。

ベルリンでも、いくつかの有名で美しいクリスマスマーケットがあります。我が家の近くの繁華街でも、小さな街のクリスマスマーケットが開催されています。

小さな木の小屋(ヒュッテ)がたくさん並び、電燈で装飾されますので、可愛い雰囲気となります。それぞれの小屋では、色々なものが売られます。

クリスマスグッズから、お菓子、食べ物、飲み物などなど。 有名なのが、寒い時に身体を温める、グリューワインです。

グリューワインとは、ワインに香辛料(シナモン、オレンジピール、カルダモン)とお砂糖、シロップをいれて、温めたホットワインです。 小さな小屋に入って、グリューワインを飲むのは、小さな楽しみです。  

 

 

5. 世界のクリスマス

ドイツのクリスマスは、日本のクリスマスは12月24日と25日だけですので、いろいろ違うことがわかります。

日本のクリスマスはアメリカの影響が強いですね。サンタクロースはアメリカが作り出したものです。

しかし、クリスマスツリーはドイツが由来ですね。   ドイツでも、12月6日の聖ニコラウスの日を祝ったりする、伝統的なクリスマスとカトリックの影響をうけた、12月24日のクリスマスがミックスされているのです。

ドイツでは、宗教的な意味合いを考える方は少ないようです。  

世界を見渡せば、ロシアのクリスマスは1月7日、スペインのクリスマスは1月6日、イギリスのオックスフォードのクリスマスは11月25日ごろだそうです。様々なクリスマスを知ることも楽しみの1つですね。      

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。