マレーシア教育移住とドイツ教育移住

マレーシア教育移住の問題点

マレーシア教育移住は、今では、テレビやマスコミなどにも登場していますので、とても有名になり、人気になっています。

シンガポールに近い、ジョホールバルなどは、不動産も有名で、人気ですね。

マレーシアでは、ペナン島あたりが、緑も多く、食も豊かでいいと思います。1992年ごろにバカンスでジャカルタから旅行に行きましたが、インドネシアのバリ島やロンボク島に比べると、普通な感じの島でしたが・・

マレーシア教育移住の問題点は、マレーシアの水道水がフッ素入りということと、マレーシアのヘイズの害の問題です。

マレーシアのヘイズの害は、季節によって、影響が違うようですが、視界が見えないほどに霧がかかることがあるようですね。呼吸器の弱い方は、注意した方がよさそうですね。

これは、インドネシアのスマトラ島の焼畑農業の煙がマレーシアまで襲ってくるのです。

Haze is caused by “hotspots” (zones with high temperature levels as seen via satellite imagery) in Malaysia and Indonesia. Lingering smoke from forest fires on the Indonesian island of Sumatra are identified as the primary cause. Farmers regularly burn scrub and forest to clear land during the dry season for agricultural purposes, but this had been the worst haze to hit Malaysia since the 1997 haze.

On 10 August 2005, air quality in the Malaysian capital city of Kuala Lumpur was so poor that health officials advised citizens to stay at home with doors closed. Some schools were closed to keep children from being exposed to the haze.

出典: ウィキペディア 2005 Malaysia haze

また、水道水のフッ素入りは、ほとんどの英語圏、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、アイルランド、英国、香港、シンガポールになります。

残念ながら、マレーシアもフッ素入りになっていますね。歯科医師は、推奨している場合もありますが、子供さんの脳の発達にあまりよくないという医師もいらっしゃいます。

Malaysia[edit]

In 1998, 66% of Malaysians were getting fluoridated water.[36]

In 2010, Bernama reported, “Principal Director (Oral Health) in the Health Ministry, Datuk Dr Norain Abu Taib said that only 75.5% of the country’s population are enjoying the benefits of water fluoridation”.[37]

Singapore[edit]

In 1956, Singapore was the first Asian country to institute a water fluoridation program that covered 100% of the population.[38][39] Water is fluoridated to a typical value of 0.4-0.6 mg per litre.[40]

出典: ウィキペディア Fluoridation by country

また、マレーシアでも、移住の敷居が上がりましたので、永住権が取りにくい点です。長期滞在ビザ取得で、1500万円の費用がかかります。

マレーシア教育移住とドイツ教育移住を比べてみる

ドイツ教育移住では、水道水の問題は、ありません。水道水は、とてもきれいで、飲めますし、フッ素も塩素もありません。

ベルリンのドイツ人が言うには、ペットボトルの水を購入するより、水道水の方が安全であると言っています。BIOを購入している人たちが言っていますので、安心ですね。私は、数人のドイツ人にこれを確かめてきました。

Germany[edit]

Public drinking water supplies are not currently fluoridated in any part of Germany,[51] however for children and adolescents use of fluoridated salt and toothpaste, as well as fluoride tablets and washes is strongly encouraged by the German Ministry of Health.[52]

Kassel-Wahlershausen in West Germany became the second location in Europe where water fluoridation was practiced in 1952. By 1962, no other part of the FRG was fluoridating,[41] and Kassel-Wahlershausen discontinued the practice in 1971.[citation needed]

In the GDR (East Germany) in the late 1980s, about 3.4 million people (20%) were receiving water with added fluoride. Fluoride tablets were also provided.[53] The fluoridated areas of the GDR included the towns of Karl Marx Stadt (now Chemnitz), Plauen, Zittau, and Spremberg. Children in those towns were part of large long-running studies of caries prevalence.[54][55] Water fluoridation was discontinued after the German reunification.

出典:ウィキペディア Floridation by country

マレーシア教育移住とドイツ教育移住を比べてみて、絶対的に違うのは、永住権が取れるか、取れないかになります。

マレーシア教育移住では、何年マレーシアに住んでも、永住権を取ることは、難しくなってしまいました。

また、ドイツ教育移住では、学費がかかりませんので、将来的な見通しが立ちます。

マレーシア教育移住では、ペナン島のインターが安めですが、月6万円程度で、マレーシアの大学の学費が年間100万くらいになります。生活費は、安く済みそうですね。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。